ココロとカラダのライフバランス情報サロン

お気に入りショップ袋をオシャレな●●に!簡単リメイク術♪

ライフ投稿日:2016.05.06

お気に入りショップ袋をオシャレな●●に!簡単リメイク術♪

  • mailでシェア

出典:http://roomclip.jp/photo/7EK0

お気に入りのショップやブランドのショップ袋って、可愛くてなかなか捨てられないですよね。でも、取っておいても結局あまり使い道がなくクローゼットの中に溜まってしまっていませんか?
実は意外と簡単でおしゃれにハンドメイドできるんですよ。今回は、そんなショップ袋をオリジナルグッズへリメイクする方法をご紹介します。

ショップ袋を収納ボックスへリメイクしよう♪

紙のショップ袋は色々とリメイクしやすいですが、まずは簡単にできる収納ボックスへのリメイクをしてみましょう。作り方はショップ袋の上部を切って中に折りこむだけ。形をしっかりさせるために、底に厚紙を敷くのもおススメ。袋の取っ手をサイドに付けるのも良いです。収納ボックスは用途に合わせて高さを調節するのも簡単ですし、キッチンなど汚れやすい場所で使っても汚れたらすぐに取り換えられるというメリットがあります。

活用法として、袋の形が崩れないようにカゴにいれたり、袋の中に仕切りを入れて使ったり。種類別に収納したい時は違うショップの袋で作った収納ボックスを並べても良いですし、お気にいりのお店のショップ袋で作った収納ボックスを並べて統一感を出しても良いですね。

簡単ブックカバーに

はさみがあれば、お気に入りのショップ袋を簡単にブックカバーへとリメイクすることができます。これからその作り方を説明します。

  1. ショップ袋を1枚の紙に解体する
  2. 本の大きさより少し大きめに切る
  3. 上下を本に合わせて折り、かぶせていく

本屋でつけてもらえるブックカバーを広げてみるとわかりやすいですよ。
ブックカバーを作る時は、ロゴをどの位置に持ってくるか考えて作ると楽しいです。

ティッシュケースへリメイク

ショップ袋は箱ティッシュのケースにも簡単にリメイクできます。作り方も簡単。箱ティッシュにサイズが近いショップ袋を使います。中に箱ティッシュを入れたら、少し高さに余裕を持たせてカット。ワキの部分を包むように折りたたみ、両面テープなどで固定します。この時、ティッシュを出した状態で作業しないと、あとから取り出しにくいので注意しましょう。取っ手を利用して吊り下げ方式にしても便利です。

また、好きなデザインのショップ袋を切って額に入れるだけで、壁に飾れるインテリアへ早変わり。大き目のフレームに袋を切らないでそのまま入れてしまい、壁に飾るという簡単な方法もあります。

ショップ袋と綿棒ケースがペン立てに

ショップ袋と綿棒ケースをリメイクしてペン立てが作れます。ほかには厚紙と両面テープ、はさみと定規、エンピツなどのしるしを付けられるものを用意してください。
作り方は簡単。綿棒ケースの円周+2cm×高さ-3mmのサイズに厚紙とショップ袋を切ります。切ったショップ袋を丸めながら綿棒ケースに入れ、内側に厚紙を丸めながら入れます。厚紙が浮いてしまう時は両面テープで固定しましょう。これでオリジナルペン立ての完成です。

ショップ袋のリメイクは応用色々

紙という加工のしやすさから、アイデア次第で色々なものにリメイクすることができます。捨てられず溜まっていくばかりのショップ袋があったら、ぜひリメイクしてみてください。

[PR]

PAGE TOP