ココロとカラダのライフバランス情報サロン

健康的なダイエットは「玉ねぎ」がオススメ!

ヘルスケア投稿日:2016.05.12

健康的なダイエットは「玉ねぎ」がオススメ!

  • mailでシェア

玉ねぎを食べると、余分な脂肪がつかない体になる?

カレーやシチュー、サラダなどに入っている玉ねぎはとても身近な食材です。実は、この玉ねぎにはダイエット効果があると言われているのをご存知ですか?
その理由の一つが、玉ねぎの皮に含まれるケルセチンという成分です。ケルセチンは美容にも大切なポリフェノールの一種で、この成分には脂肪の吸収を抑える、燃焼させる、余分な脂肪を排出するという効果があると言われています。ケルセチンは皮だけに含まれているわけではないのですが、可食部と比較すると20倍ものケルセチンが含まれていると言われています。

玉ねぎで血液サラサラ

玉ねぎは、血液をサラサラにして血栓をつくるのを防ぎ、動脈硬化などの予防になる、ということで知られていますね。それは、玉ねぎに含まれる硫化アリルと言う成分の働きによるもので、血流をよくしてくれるのです。血流がよくなると、必要な栄養素や酸素を体のすみずみまで運んでくれるようになり、それぞれの組織が活発に働くことで代謝が高まり痩せやすい体になります。
また、玉ねぎには疲労回復や安眠効果もあるので、健康的なダイエットをするためにはピッタリな食材と言えますね。

玉ねぎでむくみ解消

カリウムを豊富に含む玉ねぎは余分な水分を排出してくれるので、老廃物の排出を促し、むくみを解消してくれます。
硫化アリルの働きとともに血行がよくなることで腸内環境が整い、肌荒れを予防・改善してくれる働きも期待できます。つまり、デトックス効果があると言うことです。

食べ過ぎはダイエットにならない?

これほどダイエットに効果がある成分を多く含む玉ねぎですから、たくさん食べるほど痩せるのでは?と思ってしまうかもしれません。しかし、食べ過ぎはNGです。玉ねぎは他の野菜よりも糖質が多く含まれており食べ過ぎると反対に脂肪がつきやすくなってしまうので、玉ねぎだけを食べるのではなく他の野菜も一緒に食べるようにしましょう。

ダイエットに効果のある玉ねぎの食べ方

玉ねぎは、スライスしてノンオイルドレッシングで食べる、というシンプルな食べ方もいいですが、ケルセチンを多く含む皮の部分も食べたいので、乾燥させてお茶にする、という方法がオススメです。玉ねぎ茶にすれば水分も摂れるので、ダイエット効果が期待できます。

または、ニンジンやブロッコリー、ジャガイモ、セロリなどたくさんの野菜を入れたスープにして食べるのもオススメです。
ダイエットにおいてはいろいろな成分を摂ることが大事なので、さまざまな野菜の栄養素が摂れる野菜スープは、ダイエットにも美肌にも効果的と言われています。また、料理にも使える“酢玉ねぎ”もおススメです。

作り方は、薄切りにして15分ほど空気にさらした玉ねぎとお酢、はちみつを保存容器に入れて2~3日ほど寝かせるだけ。お酢はお好みで黒酢に変えても大丈夫です。サラダやチャーハンにのせて食べると美味しいですよ。

切って漬けるだけの簡単レシピなので、ぜひ試してみてください。

[PR] シェイプキャンペーン!

PAGE TOP