ココロとカラダのライフバランス情報サロン

意識すれば変われるかも?!太りにくい食習慣とは?

ヘルスケア投稿日:2016.05.16

意識すれば変われるかも?!太りにくい食習慣とは?

  • mailでシェア

あなたは大丈夫?太りやすい食習慣とは?

せっかくダイエットをして痩せたのに、普通に食べるようになったらまた元に戻ってしまった、という経験はありませんか?
それは、太りやすい食習慣が原因なのかもしれません。
食べるのが早い、満腹になるまで食べる、白米やパンが好きで毎日食べる、野菜を食べない、揚げ物が好き、スイーツをたくさん食べる、水を飲まない、食事の回数が少ない、などといった食習慣は太りやすい体を作ってしまいます。心当たりのある人は、食習慣を改めた方が良いでしょう。
痩せる食習慣に改善することで、脂肪を燃焼しやすくなるとともに脂肪を溜め込みにくい体になります。さらに運動効果も得やすくなるという、さまざまなメリットがあるのです。

カロリーオーバーにならない食べ方

痩せるためには、食べ過ぎないことが大切です。いつも満腹になるまで食べていれば、自然とカロリーオーバーになってしまいます。
食べ過ぎないためには、食事の前にコップ1杯の水を飲む、よく噛んで食べる、誰かと話をしながらゆっくり食べる、ということが大切。早食いは急激に血糖値を上げることになり、太る元です。
そして、食べる順番にも気を配りましょう。低GI値の食品から食べることにより、血糖値の上昇を穏やかにすることができます。
また野菜、きのこ類、海藻類などの食物繊維を多く含む食品から食べると、脂肪の吸収も抑えてくれます。またゆっくり食べることで、満腹中枢が刺激され食べ過ぎにブレーキをかけることができますよ。

食物繊維を多く摂る

食物繊維は、少量でも満腹感を与えてくれるとともに、腸内環境を整えて痩せる体を作ってくれます。野菜や果物、きのこ、海藻類など食物繊維をしっかり摂るようにしましょう。お肉や揚げ物を食べる時も、野菜を一緒に食べるといいですよ。脂質の多い食事は1日1回にとどめておくようにしましょう。

食事の時間は規則正しく、一定の時間を置いて

お腹がすいてしまっていると、いつもより余計に食べてしまいますよね。太りにくい体になるには、体が無理せずエネルギーを燃焼できる食べ方をしてあげる必要があります。そのためには、食事の時間を決めて、その時間に食べるようにしましょう。食事と食事の間はできるだけ均等に空けるのが理想です。
夜遅い時間の食事は、食べたものが消化しきれず睡眠の妨げにもなるので、最低でも睡眠の3時間前には夕ご飯を済ませておくことをお勧めします。

痩せるためには無理をしないことが大切

食べたいのに食べられない、という気持ちはストレスになります。ストレスが溜まると、ある日食欲を抑えられなくなり、食べ過ぎてそれから食欲が止まらなくなる、なんてこともあります。時には自分に甘くなってもいいでしょう。
カロリーを多く摂った次の日は、その分のカロリーを抑えるなど、調整をしながら食習慣を改めていきましょう。

太りにくい体づくりは、意識から

よく噛んでゆっくり食べる、食べる順番に気を配るなど、少しの意識をしていくことで太りにくい体をつくることができます。悩んでいるウエストや太もものサイズダウンに成功した自分、など痩せてきれいになった自分を思い描きながら食べれば、もっと楽しいかもしれませんね!

 

[PR]
腸×骨盤シェイプコース★今なら1,980円★
夏までに!このお腹なんとかしたい!!腸×骨盤シェイプコース★今なら1,980円★

[PR] 産後整体キャンペーン!

PAGE TOP