ココロとカラダのライフバランス情報サロン

もう落ちない汚れはない!?汚れ別洗濯のコツ!

ライフ投稿日:2016.05.27

もう落ちない汚れはない!?汚れ別洗濯のコツ!

  • mailでシェア

ゴシゴシこするだけでは落ちない汚れたち

最近では、洗剤も質がよくなりほとんどの汚れは洗濯機で洗えば落ちるようになりました。昔と比べると、洗濯も楽になったものです。しかし、中には洗濯機で洗っても、手でゴシゴシと擦っても落ちない汚れもあります。口紅やファンデーション、ワイシャツの首まわりや袖口など、洗剤をつけて擦っても落ちないし、あまり擦ってばかりいると生地が傷んでしまいますよね。生地を傷めず、きれいに落とすコツを知っていれば、洗濯が楽になりますね!

洗濯洗剤の選び方

洗濯をするときに一般的に使用されるのが、弱アルカリ性の粉末洗剤です。白いものをより白くすることに重点が置かれており、洗浄力は高いですが濃い色の洋服は色落ちに注意が必要です。
液体洗剤は粉末の洗剤に比べて洗浄力は多少落ちますが、「溶け残りがない」「すすぎが1回でよい」などの、手軽さが魅力です。
ある程度知識が必要なので、難易度は少し高くなりますが、粉石鹸を使うという方法もあります。無添加なので、肌にも環境にも優しい洗剤です。
頑固な汚れ、黄ばみなどを落としたい時は漂白剤も使えます。漂白剤は40度くらいのぬるま湯で使うと、より効果が強くなります。
洋服をふんわり仕上げるために使用される柔軟剤ですが、そのほかにも、帯電防止効果や除菌効果が期待できます。柔軟剤は、使う人によっては肌荒れの原因になることがあります。また、香りが強すぎるものは、周りに迷惑をかける可能性があるので注意が必要です。

口紅やファンデーションの汚れを落とすコツ

口紅を塗った後に服を着たら、口紅が服についてしまった、シャツの襟にファンデーションがついてしまった、ということはよくあることです。これらの汚れは油性なので、ただ洗っても汚れは落ちません。そこで、洗濯機に入れる前に油が落ちやすい状態にしてあげればいいのです。まず、洗剤とクレンジングオイルを混ぜ、汚れている部分につけます。擦らずに歯ブラシなどで叩くようにすると汚れが浮いてきますので、よくすすぎ、その後洗濯機に入れましょう。

ワイシャツの襟まわり、袖口の汚れを落とすコツ

多くの奥さまたちが悩んでいるであろう、ワイシャツの襟まわりや袖口の汚れ。最近は、洗濯機で洗っても形も崩れずシワもできない、というワイシャツも多いですね。せっかくアイロンがけの手間が減っても、汚れ落としで苦労をしてしまうのは嫌ですよね。ワイシャツの襟まわりと袖口の汚れの原因は皮脂です。また、汗やホコリなども汚れの原因になります。さらに襟や袖口は擦れやすい部分なので、汚れが生地の奥まで入りこんでしまうのです。
それらの汚れを落とすには、食器用洗剤と40度以上のぬるま湯を用意しましょう。汚れの原因は皮脂なので、クレンジングオイルでも代用できます。汚れている部分をしめらせ、食器用洗剤を塗り優しく手でもみこむように洗います。ゴシゴシとこすると汚れが生地に入り込んでしまうので、優しく洗うのがコツです。ぬるま湯で洗い流し、洗濯機で洗いましょう。
また、ワイシャツの汚れで厄介なのが、脇汗染みの黄ばみです。重曹を黄ばみの部分にかけてもみこみ、酸素系漂白剤を入れたお湯に浸し、一晩放置します。翌朝、浸した液ごと洗濯機へ入れて、通常通り洗濯をすると、黄ばみを落とすことができます。

マヨネーズなどの油汚れを落とすには?

マヨネーズやケチャップ、ドレッシングなどでついた油じみを落とすには、台所用洗剤が強い味方になってくれます。汚れの部分をぬらし、台所用洗剤をつけて揉み洗いをしてから、通常通り洗濯機で洗いましょう。食べ物を落としてしまった時などについた油じみもこの方法で落とせるので、試してみてください。洗濯前の一手間で洗濯物がグンとキレイになりますよ。

[PR] カラダサマがわり!整えサマーキャンペーン

PAGE TOP