ココロとカラダのライフバランス情報サロン

梅雨時期は要注意!生乾き臭を防ぐ方法!

ライフ投稿日:2016.06.09

梅雨時期は要注意!生乾き臭を防ぐ方法!

  • mailでシェア

梅雨は生乾きになりやすい!

梅雨の時期は、毎日雨ばかりで部屋干しになってしまう機会も多いのではないでしょうか?部屋干しは、外干しに比べるとどうしても乾くスピードが遅く、洗濯物からイヤな生乾き臭がしてくることも多くなります。生乾き臭は、自分だけでなく、周囲に迷惑をかけてしまう事もあります。外出先で、他人からあのイヤな臭いがしてきた経験ありませんか?大切な日に、生乾き臭で失敗しないためにも、生乾きの原因と対策を知っていきましょう。

生乾き臭がする原因とは?

そもそもあの生乾き臭の正体って何か知っていますか?あれは実は、洗濯物に繁殖した雑菌なのです。洗濯物を洗濯機の中に溜めこんだり、通気性の悪いカゴの中に放置したりすると、雑菌がどんどん繁殖していきます。一度こうなってしまうと、普通に洗っただけでは殺菌はできません。たとえ洗濯物が乾いたとしても、その服を着て汗をかいたり雨に濡れたりすると、臭いが復活してしまうので、この臭いを発生させる前に洗濯物を殺菌する必要があります。

すぐできる生乾き対策!

洗剤を使って殺菌!

酵素系漂白剤でつけ置きした後に洗濯機で洗うと、生乾き臭を防ぐことができます。最近は、部屋干し用の洗剤も出ているので、それを使用するのも効果的です。臭いニオイを隠すために柔軟剤を大量投入する人がいますが、臭いニオイと混ざって、かえって逆効果なんてことにもなりかねないので、注意が必要です。柔軟剤を使用する場合は、しっかり洗濯物を殺菌したあとに適量を使用するようにしましょう。

お湯で殺菌!

バケツに50度くらいのお湯を張って、その中に雑菌が繁殖している衣類を投入します。そのまま30分ほど放置して普通に洗濯すると、殺菌をすることができます。シルク・ウール系などの繊細な衣類には向かないですが、普通の服だったら手軽にできる方法です。この時、お風呂のお湯を使うのはやめましょう。お風呂の残り湯は雑菌の宝庫なので、逆に生乾き臭の原因になります。

乾燥機やアイロンで熱消毒

熱風の乾燥機を使える環境があれば、熱風で一気に消毒するのも一つの手です。また、ハンカチなどの小物の衣類には、アイロンをかけることもオススメです。高温により、雑菌を死滅させることができます。

洗濯槽を消毒する

洗濯機の中が雑菌の原因になっていることがあります。カビの発生を防ぐためにも、3ヶ月に一回は洗濯槽を掃除するようにしましょう。洗濯機を使用したあとは、ふたを閉めずにしばらく乾燥させておくことも、除菌には効果的です。

生乾き臭をさせない干し方

生乾き臭をさせない干し方の基本は、洗濯物の感覚を空けるということです。一つ一つの隙間は、少なくとも20cmくらい空けましょう。そうは言っても、洗濯物の量が多いとそうもいかないと思うので、大きい物の横には小さい物を干すなどの工夫が必要です。また、風通しが良い環境を作ることが早く乾かすための鉄則です。部屋干しの場合には、エアコンをかけるか扇風機を当てて、風を作り出すようにしてみましょう。1人暮らしで、何日も溜め込んだ洗濯物をまとめて乾燥機で乾かすという人もいると思いますが、乾燥機を使用するのも、生乾きを防ぐ1つの手です。乾燥機を使用する時には、乾いたバスタオルを一緒に入れると、早く乾きます。また、水分を吸収するため、臭いも抑えてくれます。
しっかり乾いたと思ったタオルでも、水分を含むと生乾き臭が復活することがあります。酵素系漂白剤で30分くらいつけ置きして洗濯し、素早く乾かすことで生乾き臭の再発を防ぐことが出来ます。
服から生乾き臭がしてくると、気持ちも落ちてしまいますよね。生乾き対策をして、梅雨のイヤな時期を乗り越えましょう。

[PR] シェイプキャンペーン!

PAGE TOP