ココロとカラダのライフバランス情報サロン

冷房が苦手な女子必見!エアコンなしで快適に過ごす方法♪

ライフ投稿日:2016.06.17

冷房が苦手な女子必見!エアコンなしで快適に過ごす方法♪

  • mailでシェア

出展:https://enechange.jp/articles/saving-vaporization

エアコンが苦手な女性は多い!

夏の体調不良の原因は、エアコンが原因であることが多いそうです。外気温との差に体がついていかず体調を崩す人が多く、中でも女性の方は、このエアコンによる体調不良を起こしやすいと言われています。空調メーカーのダイキンが実施したエアコンに関する調査によると、女性の64.7%の方は、「冷房が苦手」と答えています。ちなみに男性は44.7%です。なぜ女性の方が冷房が苦手な人が多いかと言うと、それは男女の生理機能に差があるからです。女性は男性に比べて基礎代謝が低く、体温も低めです。実はこの基礎代謝の差の影響で、男性と女性では、体感温度差が2℃くらいできるそうです。しかし、人間が丁度良いと感じる温度に差はないため、男女が同じ空間にいると、男性が暑く感じ、女性が寒く感じるというギャップが生まれるということです。でも、職場で上司の男性が暑がっている時に、女性が温度を上げるのってちょっと難しいですよね。

クーラー病にかかる人は、自律神経が乱れがち

「クーラー病」というのは、冷房が原因で自律神経が乱れた状態を言います。症状としては、冷え性や、食欲不振、頭痛などが挙げられます。女性の場合、自律神経が乱れると生理不順が起こる場合もあります。このクーラー病が原因で仕事を退職、なんてことにならない為にも、しっかりと自律神経を整えておきたいですよね。通常人間は、夏には夏型の体へ、冬には冬型の体へとシフトしていきます。エアコンはその自然の流れに逆らっていることになるので、なるべくエアコンを使わないことが、自律神経を整える一番の方法になります。しかし、職場でエアコンを使わないというのはあまり現実的ではないと思うので、家で出来る、エアコンを使わないで涼しく過ごせる方法をご紹介したいと思います。

エアコンなしで快適に過ごす方法

  • 扇風機を使う
    エアコンを使わない。と言うとまず、これが思い浮かぶと思いますが、扇風機にも使い方があります。部屋の中が暑い場合には、部屋の空気を外に追いやる必要があります。まずは、扇風機を窓の外に向かって回してみましょう。たまに天井の方へ向けて部屋の空気を循環させてあげるのも効果的です。また、扇風機の前に氷を入れたバケツを置くことにより、冷たい風を送ることもできます。バケツの代わりに凍らせたペットボトルを置いても同じ効果が期待できます。
  • 日光を遮断する
    直射日光が部屋の中に入ると、当然室温は高くなります。窓にサンシェードやすだれをすることで、直射日光を遮りましょう。最近では、グリーンカーテンも流行っています。ゴーヤやアサガオなどは、簡単に育てることができるのでオススメです。緑の葉っぱは見た目にも涼し気ですよね。都会のベランダでも育てることが出来るので、興味のある人はぜひ育ててみては?
  • 水を飲んで深部体温を下げる
    体には、体中心部の深部体温と表面の皮膚体温があります。実は、深部体温が下がらないと、脳が変調をきたして熱中症になることがあるそうです。本当の意味で涼しさを感じるためには、この深部体温を下げることが重要です。冷たい水を飲んで胃腸を冷やすことで、深部体温を下げることができます。また、首やわき、両足の付け根などを冷やすことも深部体温を下げるのには有効です。

寝るときの対策

夜、なるべく冷房を使いたくないという人が多いと思いますが、完全に窓を開けてしまうと、虫も入ってくるし、風邪を引いてしまう可能性もあるので、なるべく避けたいところですよね。そこで、冷房を使わずに快適に寝る方法をご紹介します。

  • 扇風機をうまく使う
    寝るときに扇風機を使う場合には、注意点があります。それは、風邪を体に直接当て続けないことです。首ふりやリズム風を使って、体にずっと当てないようにしましょう。天井や壁に当たった風が、ゆるやかに流れてくる状態が理想です。風は頭より足に当てた方が、涼しさを感じやすくなります。
  • 保冷材で体を冷やす
    氷枕を頭の下に敷くことで、涼しさを感じよく眠れるようになります。また、保冷材をタオルで巻き、首、わきの下、足の付け根などを冷やすのも効果的です。これらの場所は太い血管が通っているので、体が涼しさを感じることが出来ます。
  • 除湿機能を使う
    エアコンの冷房ではなく、除湿を使うという方法があります。一般的に湿度が10%下がると、体感温度は1度下がると言われています。日本の夏は湿度が高いので、除湿をして体感温度を下げるという方法はかなりオススメです。除湿をして軽く扇風機を回すと、朝までとても快適に寝られますよ。
  • 犬の熱中症にも注意!
    犬は体温調節がうまく出来ないため、人間に比べて高温多湿に弱く、熱中症になりやすいです。特に水分を補給できない状態で、何時間も放置するのは危険です。みなさんにはエアコンを使わないで快適に過ごしてほしいのですが、ペットを飼っている場合には注意しましょう。

[PR]

PAGE TOP