ココロとカラダのライフバランス情報サロン

次世代の人気調味料と話題の「トマみそ」を知っていますか?

ライフ投稿日:2016.06.27

次世代の人気調味料と話題の「トマみそ」を知っていますか?

  • mailでシェア

食べるラー油→塩麹→トマみそ?

食べるラー油・塩麹・塩レモンなど、毎年のように調味料ブームが続いていますが、次世代の人気調味料と呼び声が高いのが「トマみそ」です。トマみそとは、その名の通り、トマトと味噌を合わせた調味料です。そのまま味噌代わりに野菜につけても、炒め物にしても美味しいです。最近では、トマ味噌をメニューに取り入れる居酒屋や飲食店が増えています。

トマみその魅力は?

トマみその魅力は、簡単に作れるのに幅広いメニューに使える応用力です。定番のディップから、味噌漬け、味噌汁にも利用可能です。万能調味料として、様々な料理で活躍します。使い勝手の良い調味料って魅力的ですよね。また、トマみそは、普通の味噌に比べて塩分を抑えることが出来るので、塩分が気になる人にはオススメです。材料に使うトマトケチャップは塩分を多く感じると思いますが、実は味噌や醤油に比べると塩分は少なめです。トマトは「グルタミン酸」や「アスパラギン酸」などの旨味成分が豊富なので、塩分が少なくても、しっかりとした味を感じることが出来ます。

トマみその作り方

トマみその作り方は至ってシンプルです。基本的には、トマトと味噌を1:1で混ぜるだけです。トマトやトマトホールがない場合には、ケチャップで代用できます。家庭にある味噌の種類によってケチャップを増やしたりして、好みの味付けに調節してみましょう。

トマみその利用例

トマみそは「トマト」と「味噌」の両面を持ち合わせているので、トマトを使う物、味噌を使う物には基本的に合います。野菜スティックに付けたり、冷奴にそのまま乗せるだけで一味違った料理を楽しむことができます。味噌汁の味噌をいつもの味噌から変えることもできます。トマみそは味噌がベースなので、和食との相性もバッチリです。トマみそを使った雑炊をメニューとして取り入れている飲食店もあります。野菜炒めに混ぜたり、肉の上にのせて焼くなど、しっかり火を通しても、トマみその旨みは引き立ちます。また、魚料理とも相性が良いため、ソテーした魚にトマみそソースをかけるのもオススメです。

オリジナルトマみそを使ってみよう

トマみそは味噌の代わりになるので、今まで味噌を使っていたものに積極的に取り入れてみましょう。いつもの料理にちょっとしたアクセントが加わります!いつも味付けに困っている主婦の方にもピッタリの調味料です。ケチャップの旨みもあるので、子供も大喜びすること間違いなしです!

[PR] 気分一新!カラダ一新!春整体キャンペーン

PAGE TOP