ココロとカラダのライフバランス情報サロン

振るだけでアンチエイジング!若返りが期待できるスパイスとは?

美容投稿日:2016.07.04

振るだけでアンチエイジング!若返りが期待できるスパイスとは?

  • mailでシェア

スパイスが肌細胞を活性化させる

人間の体内には、強力な酸化作用を持った活性酸素という物質が存在します。活性酸素は適量であれば問題ないのですが、増えすぎると老化をもたらします。スパイスには抗酸化作用があるため、活性酸素の増加を抑える働きがあります。年齢を重ねると、徐々に新陳代謝が低下してしまいます。すると、肌の生まれ変わりであるターンオーバーの周期が徐々に長くなり、肌のくすみやシミの増加といった症状が現れやすくなります。スパイスには代謝を上げる効果があるため、常に肌を新しいものにし、美肌を保たせる働きがあります。また、代謝を上げるということは、ダイエットしやすい体になる、ということです。スパイスを摂取することで期待できるアンチエイジング効果は計り知れません。
アンチエイジングとは、細胞を活性化させるということ。今回は、細胞を活性化させる“スパイス”をご紹介します。

サッとかけるだけだから、手間いらず

過去にアンチエイジングに挑戦してきたという方も多いと思いますが、実際ちょっと面倒に感じることも多かったのではないでしょうか?ビタミンが必要だと知っていても、毎日果物や野菜を食べるのって案外大変ですよね。ましてや、スパイスを摂るというと少し面倒に感じるかもしれませんが、これからご紹介するものは、料理にサッとかけるだけでいいので、特別な調理の必要もありません。また、温めたワインにシナモンなどのスパイスを加えてホットワインとして楽しむのも、手軽でオススメです。いつもの食事に少し追加するだけで簡単にアンチエイジング効果が期待できますよ。

アンチエイジングに効果が期待できるスパイス

トウガラシ

数あるスパイスの中でも代表的なものですが、トウガラシはアンチエイジング効果が期待できます。トウガラシには、血行を促進し、新陳代謝を高め、脂肪を燃焼する力があります。また、トウガラシに含まれるカプサイシンは抗酸化作用を持ち、老化防止の効果があります。辛いものが得意な人は、料理に一振りしてみましょう。

シナモン

アンチエイジング効果のあるスパイスの代表格が、このシナモンです。シナモンには毛細血管を丈夫にする力があります。年齢を重ねると毛細血管は壊れやすくなるのですが、毛細血管が丈夫だと、細胞に栄養や酸素が十分に供給され、老廃物の代謝もしっかりと行われるため、肌の老化を防止することができます。シナモンは生活習慣病予防にも効果があるので、一石二鳥ですね。コーヒーや紅茶に入れたり、果物に一振りすることで簡単に摂る事ができます。ただし、シナモンは摂りすぎると肝機能の疾患を招くと言われています。1日の目安は1g、小さじ1/4程度です。これだけの量で、十分効果が期待できます。

しょうが

しょうがには、体を温める効果以外にもアンチエイジングの効果があります。しょうがを食べると、血流が良くなり栄養が全身に行き渡るので、肌代謝が良くなります。肌サイクルの乱れが改善されるので、老廃物が外に正常に排出されるようになります。しかし、しょうがも過剰摂取は禁物です。1日10g程度を目安に摂取するようにしましょう。

ウコン

ウコンは、お酒を飲む前に摂る人が多いと思いますが、実はアンチエイジングにも効果的なんです。ウコンに含まれるクルクミンという成分には、強い抗酸化作用とデトックス効果があります。また、傷ついた細胞を修復する働きもあるため、肌の若返りには効果的です。カレーに混ぜたり、ヨーグルトに混ぜたりすることで簡単に摂ることができます。
けれど、こちらも摂りすぎは要注意です。1.5~3gくらいを目安に摂取するようにしましょう。

適量を守って、アンチエイジングを

前項で紹介したスパイス以外にも、パエリアでおなじみの「サフラン」は、古くから肌細胞を活性化させるスパイスとして重宝されてきましたし、ローズマリーなどの「ハーブ」にも強い抗酸化作用が認められています。アンチエイジングに効果のあるスパイスは、刺激が強いものが多いため、どれも摂りすぎは禁物です。たくさん摂ったからといって、大きな効果が得られるものでもありません。適量を守って、正しくアンチエイジングしていきましょう。

[PR] 産後整体キャンペーン!

PAGE TOP