ココロとカラダのライフバランス情報サロン

代謝が落ちる今だから“もう無理はしない!?”40代ダイエット成功法

ヘルスケア投稿日:2016.07.05

代謝が落ちる今だから“もう無理はしない!?”40代ダイエット成功法

  • mailでシェア

40代からでも痩せられる?

「食事の量は若い頃に比べて明らかに減ったのに、なぜか太ってしまった」「体重は変わっていないけれど、おなか周りに肉がついて、なかなか落ちない」など、40代になると徐々に増えてくるのが、こうした体型の悩みです。そこで、ダイエットを開始してはみるものの成果は芳しくなく、自身の体に悩みを抱えたまま過ごしている方は多いのではないでしょうか。若い頃は短期間で簡単に痩せられたのに、年齢を重ねるとどうして太りやすくなってしまうのでしょうか?
年齢を重ねるにつれて、体には様々な変化が訪れます。太りやすくなるのもその変化の1つで、エストロゲンという女性ホルモンの分泌量が減り、内臓脂肪が付きやすくなります。これは女性であれば誰にでも共通して起こることで、
仕方がないと考えて諦めてしまったり、ダイエットに失敗してしまう方もいるようですが、中には40代でもダイエットが成功する人がいるようです。ということは、痩せられない理由は年齢ではないということですね。
では、どうしたら40代のダイエットが成功するのでしょうか。
そこで今回は、ダイエットに成功する人と失敗する人、その違いが何なのかをご紹介します。

体脂肪計に乗ることが、ダイエットへの第一歩

自分の今の体重、把握していますか?見た目を気にして必要以上に痩せすぎてしまい、結果的にストレスを感じてリバウンドしてしまったり、無理な食事制限で内臓を傷つけてしまっては意味がありませんよね。例えば、お米やパンなどの糖質の多い炭水化物を控える「低炭水化物ダイエット」は効果が出やすいということで話題になっていますが、長く続けると「低栄養性脂肪肝」という病気になってしまうリスクがあり、肝機能が低下する恐れがあります。極端な糖質制限をしてしまうと、肝臓は体中から脂肪を収集し、機能障害を防ごうとします。そのため、どれだけダイエットで糖質を取らないようにしていても、脂肪肝になる可能性があるそうです。そうした間違いによって体に負担をかけてしまわないためにも、まずは自分の体脂肪率をしっかり確認しておきたいですよね。体に負担をかけないためにも、小さな目標を立てるためにも、お風呂上りに毎日、体脂肪計に乗ってみてはいかがでしょうか。少しずつ現れる変化で、毎日の努力が楽しく感じられるようになるかもしれません。

ストレスは天敵!楽しい気持ちでダイエットをしよう

いざダイエットを開始すると、最初の数日間はよかったけれど、だんだんつらくなってしまい、長く続かなかった…。なんて失敗談をよく聞きますよね。ダイエットは続けることも大事ですが、まずはストレスを溜めないことを1番に考えましょう。ストレス解消には、運動が最適だと言われています。筋トレを毎日行えば、筋力アップだけでなくストレス解消も見込めます。適度な運動は健康な体をつくるために不可欠です。
しかし、無理な運動によってストレスが溜まってしまうと、ホルモンバランスが乱れて体調を崩してしまったり、自律神経に作用して生活リズムが乱れてしまうこともあります。
それを避けるためには、自律神経のバランスを整える生活習慣(早寝早起き、湯船にしっかり浸かる入浴など)が大切です。中でも、特に効果的だと言われているのが「朝日を浴びること」です。人間は朝日を浴びることで、体を動かすための活力を与えてくれたり、ポジティブな気持ちにさせてくれる「セロトニン」という脳内物質が分泌されるようになっています。また、起きた時に朝日を浴びることでスッキリ目覚めることができ生活リズムも整うため、夜の睡眠も質の高いものにすることができます。起床したらカーテンを開け、朝日を浴びながらストレッチやウォーキングをするのもオススメですよ。

身近な食材で体の中から痩せる!

40代のダイエットでは、毎日摂取する食材にも気を付けたいものです。体にも良くてダイエットに向いていると言われる栄養素は様々ありますが、特におすすめなのがアミノ酸です。アミノ酸は生命活動を支える重要な成分であり、ダイエット中以外でも取り入れたい成分なのですが、脂肪を分解する働きがあるためダイエットには最適だと言えます。アミノ酸が多く含まれる食材には、魚介類や肉類、乳製品などがありますが、中でも特にオススメなのが「納豆」です。納豆は原材料である大豆にアミノ酸が含まれているだけでなく、発酵食品ということもあり、一度により多くのアミノ酸を摂取することができます。また、大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンに似た構造をしているため、美容効果も期待できます。朝食として手軽に食べることも、アレンジして様々な味で食べることも可能なので、長く続けられそうですよね。

毎日何気なく出来る、姿勢矯正ダイエット

運動が健康にもダイエットにも効果的だと知ってはいるけれど、運動には自信がない…。という人は、座る時や歩く時の姿勢を意識してみましょう。椅子に座る時は腹筋に力を入れて胸を張り、肩の力を抜いて顎を手前に引きます。歩く時は背筋を伸ばし、頭からつま先まで全身を使うイメージで、親指のつけ根、小指のつけ根、かかとの3点を同時に着地させるように歩きましょう。普段から、美しい姿勢を意識してキープすることを目標にしていきましょう。良い姿勢を継続することで骨のゆがみが矯正されたり、血行が良くなったりと、体にとってのメリットがたくさんあります。実際にやってみると、下腹部に力を入れた美しい姿勢を継続するのは意外と大変だということもわかります。すなわち、良い姿勢を保ち続けることにそれだけのエネルギーが使われているということなのです。座っているだけ、立っているだけ、歩いているだけでも脂肪の燃焼量は少しずつアップしていきますよ。

ストレッチで体をほぐして効果アップ!

今ある筋肉をほぐして体を柔らかくすることで、基礎代謝を上げてより効率よく痩せることができます。筋肉のコリをほぐしてあげることで血行が良くなり、リンパの流れが良くなります。その結果エネルギーの巡りもスムーズになり、不要な水分や老廃物が体に溜まることなく排泄されるようになります。むくみや吹き出物などの解消も期待できるので、お悩みの方はぜひ試してみてください。なお、40代女性が特に柔らかくしておきたい箇所は、股関節とふくらはぎ、骨盤周りの計3点です。股関節が固いと、ちょうど足の付け根にある鼠径(そけい)部のリンパが滞り、下半身の血流が悪くなったり、足がむくみやすくなったりします。むくみは放っておくと、足にボコボコと膨らみができる静脈瘤の原因になることもあります。股関節と一緒にふくらはぎをほぐすことで、下半身から心臓へ血液を送るポンプの働きを活発にしてあげることができます。経産婦の方は出産時に広がった骨盤がそのままになって、今に至っている方が多いようです。骨盤の広がりをそのままにしておくと、それに合わせて体が太ってしまうため、骨盤を柔らかくして徐々に閉じるよう矯正していくことがポイントです。前述した朝日を浴びながらのストレッチをすると、背筋も気持ちものびのびとした朝を迎えることができます。しかし、寝起きは体が硬くなっているため、ゆっくりと時間をかけてほぐしてあげましょう。もちろん、体の血行が良くなったお風呂上がりなどにも効果的です。
年齢とともに、最適なダイエット方法は変化します。ムリをせず、自分の体に合ったダイエット方法を選びましょう。

[PR] 気分一新!カラダ一新!春整体キャンペーン

PAGE TOP