ココロとカラダのライフバランス情報サロン

美容と健康に♪話題の”ホット梅干し“はいかがですか?

ヘルスケア投稿日:2016.07.11

美容と健康に♪話題の”ホット梅干し“はいかがですか?

  • mailでシェア

ホット梅干しって何?

「ホット梅干し」とは、文字通り梅干しを温めたもので、低カロリーなうえに美容・健康効果があると話題になっています。昔から日本人に馴染み深い食べ物の1つである梅干しですが、実はこの梅干しには隠れたダイエット効果があるんです。そのまま食べても効果のある梅干しを、温めることでさらに効果を高めたのが「ホット梅干し」です。

ホット梅干しの健康・美容効果とは?

梅干しの効果をさらに高めたホット梅干し。ホット梅干しが持っている美容・健康効果をご紹介します。

  • 脂肪を燃焼する
    梅干しには、バリニンという成分が含まれています。このバリニンには脂肪燃焼効果があることが、最近明らかになりました。また、バリニンによく似たバニリングルコシドという成分は、加熱することでバリニンに変化することが分かりました。脂肪燃焼に効果のあるバリニンの量が増えるということは、梅干しを温めるとダイエット効果が高まるということですね。さらに、梅干しから出るエキスにはポリフェノールが多く含まれており、ポリフェノールにも脂肪燃焼作用があることが分かっています。
  • 代謝を促す
    梅干しに含まれるクエン酸には、血液をサラサラにし、血行を良くする効果があります。血行が良くなると代謝がアップするため、体の中の老廃物を積極的に排出し、むくみや冷えを解消することで、アンチエイジングに繋がります。そして、梅に含まれる梅ポリフェノールには、疲労回復や動脈硬化の原因になる成分を取り除いてくれる効果もあります。また、梅干しはダイエット中に不足しがちなミネラル分を補ってくれます。さらに、クエン酸と糖の一部からつくられたムメフラールという成分にも血行を良くする効果があります。この成分は、梅干しを温めることで生まれる成分とされています。
  • 便秘解消
    クエン酸は腸を刺激するので、便秘解消の効果があります。
    腸内に老廃物が溜まると、体の代謝が低下する原因になります。代謝の低下はむくみや便秘につながり、健康と美容の敵です。
    梅干しには殺菌効果もあるため、腸内をデトックスしてくれます。殺菌作用に加え、クエン酸により刺激された腸が活性化することで、小腸の栄養吸収率が高まり、美肌効果が期待できます。
  • 血糖値の上昇を防ぐ
    梅干しに含まれるオレアノール酸には、血糖値の急上昇を防ぐ働きがあります。血糖値の急激な上昇は、肥満の原因になります。また、老化を促進させることにも繋がると言われています。

ホット梅干しの作り方

ホット梅干しは、電子レンジやフライパンなどで温めて作ります。脂肪燃焼に効果のあるバニリンという成分は、冷めても減る事がないため、まとめて温めて冷蔵庫で冷やしてから食べても大丈夫です。
フライパンの場合は、油を引かずに中が温かくなるまで焼きましょう。電子レンジの場合は、梅干し10個を500Wで1分程度が目安です。お皿に並べて、ラップをかけて熱するようにしましょう。
そのまま食べても、ソースにしても、お湯に入れて飲んでもOKです。お湯に入れたホット梅干しは「梅湯」と呼ばれ、昔から喉薬として活用されていた飲み物です。作り方は、お湯に軽く焼いた梅とはちみつを加えるだけ。
温かい状態で食べれば心も体もホッとすること間違いなしです。
はちみつにも保湿効果や殺菌効果など、粘膜にとっても良い効果が備わっているので、相乗効果も期待できます。

ホット梅干しのまとめ

正しく摂れば良い効果がたくさん得られるホット梅干しにも、食べる時の注意点があります。まず、1日の摂取量は3粒までとしましょう。健康には良いですが、梅干しは塩分濃度が非常に高く、食べ過ぎは逆に体の不調を招く恐れがあるため、注意が必要です。日本の食卓に馴染み深い梅干しも、一手間かけることで様々な効果を高めることができるんですね。手軽に試せるホット梅干し、ぜひ試してみてください!

[PR] カラダサマがわり!整えサマーキャンペーン

PAGE TOP