ココロとカラダのライフバランス情報サロン

美容効果、抜群!!レンチン蒸しタオル

美容投稿日:2016.07.20

美容効果、抜群!!レンチン蒸しタオル

  • mailでシェア

蒸しタオルが美肌、健康を作る

「いつまでも健康で若々しくいたい」と思って、色々な健康・美容法を試してきた人、たくさんいるでしょう。テレビや雑誌で取り上げられている健康・美容法って、お金も時間もかかって、続かないんですよね。そこでみなさんにご紹介したいのが、女優さんやモデルさんが密かに取り組んでいる「蒸しタオル美容法」。タオルと電子レンジさえあれば出来るため、新しく何かを購入する必要はありません!自宅で簡単にできる、話題の「蒸しタオル美容法」のやり方を知って、手軽に“若々しく健康的な体”を手に入れましょう。

蒸しタオルで得られる効果とは?

「蒸しタオル美容法」の最大の効果は血行改善です。肌のくすみや目の下のクマの主な原因は、血行不良です。蒸しタオルを使って肌を温めると血行が良くなるため、これらの肌トラブルを改善する効果があります。蒸しタオルで顔の毛細血管の血流を良くすると、朝の顔のむくみや、まぶたのむくみも改善してくれます。蒸しタオルは、美容だけでなく疲れ目や乾き目、眼精疲労など、目のトラブルにも効果を発揮してくれます。その他にも鼻炎や肩コリ、頭痛など、蒸しタオルで血行を良くすることにより全身の体の不調に作用してくれる、万能アイテムなんです!

簡単♪蒸しタオルの作り方

電子レンジでできる蒸しタオルの作り方をご紹介します。1分もあれば簡単に出来てしまいますよ。まず、タオルを縦半分に折り、それを端から丸めておしぼりのような形にします。その状態のままタオルを水につけ、したたり落ちるくらい水を浸透させたら、準備完了です。その水に浸したタオルを電子レンジの中に入れて、500Wで1分程温めたら、蒸しタオルの完成です。あくまで目安なので、温度を見ながら調節して温めてください。電子レンジの汚れが気になる人は、タオルをラップで包んで温めてもいいですよ。温め直後の蒸しタオルはかなり熱いので、取り出すときには火傷に十分注意してください。手で触って熱くなくても、顔に乗せると熱い場合があります。

蒸しタオル美容法のやり方

肌のくすみを改善したい人は、メイクを落とし、洗顔をした後に蒸しタオルを使用します。温めた蒸しタオルを顔の上に乗せて30秒~1分ほど待ちましょう。そのあとの肌の保湿も忘れずに。蒸しタオルを使用したあとの肌は、保湿クリームや化粧水が浸透しやすくなりますよ。目の下のクマを改善したい人は、メイク前に目元を蒸しタオルで30秒~1分程度温めます。クマがなかなか取れない場合は、2~3回繰り返してもOK。その後の化粧のりも良くなっているはずです。
顔のむくみが気になる人は、蒸しタオルと共に冷やしタオルを用意します。蒸しタオルを30秒~1分乗せた後に、冷たいタオルを顔に乗せて、また同じ時間置きます。これを2~3回繰り返すことで血行が良くなり、むくみが解消されます。また、蒸しタオルを肩こりなどのコリがひどい部分にあてることで、血行が良くなり痛みが軽くなります。肩こりの時によくやる、温湿布やカイロの代わりに蒸しタオルを使うということですね。

蒸しタオル後は、しっかり保湿ケアを

蒸しタオルを外した後は、すぐに保湿をしましょう。蒸しタオルをした後は毛穴が開いた状態です。開いた毛穴をそのままにしておくと毛穴からまた汚れが入ってしまうため、冷蔵庫で冷やした化粧水や、収れん化粧水を使って毛穴を引き締めましょう。その後、乳液やクリームでフタをします。蒸しタオル後の肌は柔らかく刺激に弱いので、強くこするようなことはやめましょう。

蒸しタオルを上手に使って健康的な生活を

蒸しタオルは、肌にいいからと言っても、毎日使用することはあまりオススメできません。理想は週に2~3回程度。それ以上やると、肌に必要な皮脂まで取れてしまい、逆に肌の乾燥を招く危険性があります。また、蒸しタオルでゴシゴシと顔を拭くこともやめましょう。温まって普段より肌が柔らかくなっている分、ちょっとした刺激で肌を傷めてしまう可能性があります。それから、くれぐれも温め過ぎによる、火傷には注意してください。上手に使用すれば、ほぼ0円で健康・美容効果が得られる「蒸しタオル」。ぜひ、今日から取り入れてみてください。

[PR]

PAGE TOP