ココロとカラダのライフバランス情報サロン

自宅で簡単♪ほっそりふくらはぎをGetしよう!

ヘルスケア投稿日:2016.10.07

自宅で簡単♪ほっそりふくらはぎをGetしよう!

  • mailでシェア

%e8%87%aa%e5%ae%85%e3%81%a7%e7%b0%a1%e5%8d%98%e2%99%aa%e3%81%bb%e3%81%a3%e3%81%9d%e3%82%8d%e3%81%b5%e3%81%8f%e3%82%89%e3%81%af%e3%81%8e%e3%82%92get%e3%81%97%e3%82%88%e3%81%86%ef%bc%81%e6%96%87

すらっとしたふくらはぎは、女性の憧れ

適度に筋肉があり、すらっとした美脚は女性の憧れですよね。中でも露出部分が多いことから、ふくらはぎを細くしたい!という声をよく聞きますが、そう簡単には細くなんてならないし…。と、諦めてしまっている人が多いようです。しかし、自宅でのケアで改善できる場合もあるんです。原因を知り、自分の体質に合った対策で美脚を目指しましょう。

なぜ、ふくらはぎが太くなってしまうの?

%e8%87%aa%e5%ae%85%e3%81%a7%e7%b0%a1%e5%8d%98%e2%99%aa%e3%81%bb%e3%81%a3%e3%81%9d%e3%82%8d%e3%81%b5%e3%81%8f%e3%82%89%e3%81%af%e3%81%8e%e3%82%92get%e3%81%97%e3%82%88%e3%81%86%ef%bc%81%e6%96%87
出典:http://healthil.jp/35963
ふくらはぎには、「ヒラメ筋」と「腓腹筋(ひふくきん)」という2つの大きな筋肉があります。足首を下に下げる時には、ヒラメ筋と腓腹筋の両方が、膝を曲げる時には腓腹筋が働きます。ふくらはぎを細くしたいのであれば、この筋肉をバランス良く働かせることが重要です。
ふくらはぎの太さの理想は、1番太い部分の周囲が、「身長(cm)×0.2」以内と言われています。理想値に近づくために、まずふくらはぎが太くなる原因を知りましょう。その原因は、大きく分けて3種類です。

むくみによるもの

立ち仕事やデスクワークなど、長時間同じ姿勢を取ることが多い人や、冷え性、塩分を多く摂る人などは、体のポンプ機能がうまく働かず血液の流れが悪くなることで、むくみが発生します。むくみの原因は上記以外にも、内臓系の病気など、何らかの病気が原因で発生している場合があります。一過性のものではなく、長く続いたりむくみがひどいようであれば、一度内科などを受診しましょう。

筋肉の発達によるもの

頻繁にスポーツをする人や、以前継続的にスポーツをしていた人などは、筋肉の発達による原因の場合が多いでしょう。また、ヒールの高い靴をよく履く人もふくらはぎに筋肉がつきやすく、筋肉が発達しすぎている場合があります。

脂肪によるもの

脂っこいものや甘いものなどをよく食べる、運動をあまりしない、という人は、脂肪が原因の場合があります。そういった生活習慣から脂肪やセルライトが溜まり、ふくらはぎを太くしてしまっているのです。

原因別、ふくらはぎを細くする方法

むくみが原因の場合

%e8%87%aa%e5%ae%85%e3%81%a7%e7%b0%a1%e5%8d%98%e2%99%aa%e3%81%bb%e3%81%a3%e3%81%9d%e3%82%8d%e3%81%b5%e3%81%8f%e3%82%89%e3%81%af%e3%81%8e%e3%82%92get%e3%81%97%e3%82%88%e3%81%86%ef%bc%81%e6%96%87
出典:http://slism.net/beauty/lymphatic-massage-to-the-calf.html
むくみを解消するためには、老廃物を体外に出すことが必要です。老廃物はリンパの流れによって排出されるので、リンパマッサージが効果的です。つま先から太ももにむけてリンパを流すイメージで行います。まず、足の裏と足の甲を両手でもみほぐしましょう。次に、足首からひざに向かって、両手で交互にふくらはぎを“さする”ようにもみほぐします。これを、10回ほど繰り返します。その後、ひざ裏を軽くもむようなイメージで押します。ひざ裏を押すことで、老廃物を体外へ排出することができます。あわせて着圧ソックスなどを履くのもオススメです。

筋肉の発達が原因の場合

筋肉の発達が原因であっても、ただ筋肉を落とせばいいと言うわけではありません。とても鍛えているはずなのに、マラソン選手の足はほっそりしていますよね。それは、「遅筋(ちきん)」という筋肉が鍛えられているから。筋肉には大きく分けて「速筋(そっきん)」と「遅筋(ちきん)」という2種類の筋肉があります。速筋は瞬発的に力を発揮するための筋肉、遅筋は持久力を発揮するための筋肉です。そのため、ムキムキの脚を目指す場合は速筋を。ほっそりした脚を目指す場合は遅筋を鍛えることで、しなやかな脚を手に入れることができます。速筋を鍛えるためには、短時間で負荷をかけるトレーニングを。遅筋を鍛えるためには、長時間行う有酸素運動をしましょう。また、
遅筋を鍛えるためには、筋肉を休める日をつくること。運動をする間隔は、1日置きや2日置き、週3日程度にしましょう。

脂肪(セルライト)が原因の場合

まずは食生活の改善から。脂っこいものや甘いものはあまり食べないようにしましょう。今あるセルライトを除去するには、もみほぐすのが効果的です。基本的には、前述したむくみ対策のもみほぐし方法と同様ですが、ふくらはぎをさするようにもみほぐした後、更にくるくると円を描くようにもみほぐしてください。あわせて太ももを軽くつねるように、セルライトをつぶすイメージでほぐすと、足全体のセルライト対策をすることができます。

憧れの美脚をGetしよう!

「美は一日にして成らず」という言葉がありますが、自宅でのケアは続けることが大事です。もみほぐす時に好きな香りのマッサージアロマオイルを使えば、リラックス効果も。自分の原因がわからない時は、整体院などでプロの手を借りるのも1つの手です。自分に合った方法で、憧れの美脚をGetしましょう!

[PR] カラダサマがわり!整えサマーキャンペーン

PAGE TOP