ココロとカラダのライフバランス情報サロン

衣替え時期の今だから!収納のコツを掴んで、クローゼットをスッキリさせよう

ライフ投稿日:2016.10.11

衣替え時期の今だから!収納のコツを掴んで、クローゼットをスッキリさせよう

  • mailでシェア

あなたのクローゼット、有効的に使えていますか?

収納が少ない。とお悩みの方は多いと思います。しかしそのクローゼット、本当に有効的に使えていますか?収納の仕方を工夫すれば、もっとたくさん収納ができるかもしれません。普段はなかなか整理する機会がないクローゼットも、衣替えの時期に思い切って大掃除してみませんか?今回は、収納のコツやおすすめアイテムなどをご紹介します。

クローゼットの使い方のコツ

%e8%a1%a3%e6%9b%bf%e3%81%88%e6%99%82%e6%9c%9f%e3%81%ae%e4%bb%8a%e3%81%a0%e3%81%8b%e3%82%89%ef%bc%81%e6%96%87%e4%b8%ad%ef%bc%91
出典:https://www.iris-interior.com/kaiteki_rule/10.asp
まず1番初めにしたいのが、いわゆる断捨離。いつか使うかも?と、何年も使っていないものは、思い切って処分しましょう。リサイクルショップやフリマサイトなどを活用するのもおすすめです。次にしたいのが、クローゼットの空間を分けること。クローゼットの広さや形にもよりますが、なるべく横に3つの空間を作ることを心掛けましょう。上段には、あまり使わないものを。中段にはコートやシャツなどのハンガーで収納するものを掛けましょう。その際ハンガー掛けの部分を、服の長さ別に縦に2つか3つに分けると、下段に新たな空間をつくることができます。そして下段には引き出しタイプの衣装ケースを入れましょう。クローゼットの奥行きに合わせたサイズを選ぶことで、空間をムダなく活用できます。

クローゼットに取り入れたい、おすすめアイテム

クローゼットを有効活用するために、あったら便利なアイテムをご紹介します。どれも100円ショップで手軽に手に入るものばかりを集めました。

突っ張り棒

クローゼットの空いた空間に突っ張り棒をつけるだけで、デッドスペースを有効活用することができます。奥から手前に向かってつければ、クローゼットの横の部分も収納スペースになりますよ。重みのあるものを乗せる場合は、耐荷重に気をつけましょう。耐震マットを小さく切って、壁と突っ張り棒の間に挟むと滑り落ちづらくなります。

同じ大きさのハンガー

シャツなどハンガーに掛けておくものが多い人は、ハンガーを同じ形、同じ大きさのものに揃えましょう。同じ大きさに揃えることでムダなスペースを省けます。薄いものにするとなお良しです。また、スカートやショートパンツなどはウエスト部分を挟んで掛けられる3連や4連のハンガーを利用することで、スペースを小さくすることが可能です。

不織布の収納袋

プラスチック製の収納ケースを利用するのもいいですが、シーズン外の服などをしまう時は、不織布の収納袋を使うとクローゼットの上段に入れても取り出しやすく、中身の量によって小さくすることもできるので、とても便利です。布団用の大きなものから小物用の小さなものまで、さまざまな大きさの袋があるので、用途に合わせて選べます。透明の窓付きタイプを選べば、中身が見えるので何が入っているかがわかりやすくなります。

衣替え前に“しまい洗い”をしよう

“しまい洗い”とは、衣替えで衣装ケースなどに服をしまう前に、もう一度洗濯することを言います。すでに一度洗った服を洗い直すのは少し面倒ですが、しまい洗いをせずにしまってしまうと、目に見えない汚れが原因で服に黄ばみが発生することも。家で洗えないコートなども、温かくなったら必ずクリーニングに出してからしまいましょう。また、しまう際に防虫剤を入れるのを忘れずに。

衣替えの季節こそ、クローゼットの見直しを

少し面倒かもしれませんが、一度きちんと片付けてしまえばその後の使い勝手が格段によくなるはずです。自分の家のクローゼットに合った収納方法で、毎日を快適に過ごしましょう。

[PR] シェイプキャンペーン!

PAGE TOP