ココロとカラダのライフバランス情報サロン

美容と健康に♪オイルおにぎりを食べよう

ライフ投稿日:2016.10.21

美容と健康に♪オイルおにぎりを食べよう

  • mailでシェア

オイルおにぎりって、どんなもの?

日本人なら誰もが食べたことがあるであろう、おにぎり。実はこのおにぎりにお好みのオイルを加えた「オイルおにぎり」が今、話題なのです。「オイルって太らないの?体に悪くない?」と心配なあなたも大丈夫!体に良いオイルを使うことで、美容や健康に良く、腹持ちバツグンのおにぎりが作れちゃうのです。
今回はオイルおにぎりについてと、おススメの作り方をご紹介します。この記事を読んだあなたも、オイルおにぎりを試したくなるのではないでしょうか?

どんなオイルを使ったらいいの?

オイルおにぎりにおススメのオイルは、ゴマ油、オリーブ油、ココナッツオイル、亜麻仁油、エゴマ油などが挙げられます。お好みや具材に応じてオイルを変えてみると良いでしょう。

オイルはカロリーが心配…。

油ものは太る。そんなイメージをお持ちの人が多いのではないでしょうか?確かに、油は摂りすぎると中性脂肪やコレステロール値を上げてしまいます。しかし、質の良いオイルを適量摂るのであれば、むしろ「健康に良い」のです。なぜなら質の良いオイルは、体のサビを防いだり、便秘解消に役立つため、毎日適量を摂取することが理想的とされているからです。

腹持ちが良く、冷めても美味しい!

オイルが入っていることにより、ごはんがパサつかず冷めても美味しさを実感できます。更にオイルによりコクや食べごたえが出て、とても腹持ちがいいのです。ダイエットの敵である小腹の減りや、間食対策にもなるのでおススメです。またどうしてもお腹が空いてしまったとき、夜食やお酒の後に食べたとしても、他の食べ物よりは断然健康的なのも嬉しいポイントです。

作り置きに向いていて、冷凍保存もOK!

オイルおにぎりは、冷凍保存をして解凍した時にも美味しさが保たれているため、作り置きに向いています。作り方も簡単なので、忙しい方や1人暮らしの方にもおススメです。冷凍できる期間は具材にもよりますが、1カ月くらいで食べるようにしましょう。

オイルの効果別、おススメのレシピ4選!

オイルの効果別におススメのレシピを4つご紹介いたします!
作り方は、ごはんにお好みのオイルを入れて混ぜ、通常通りに握るだけ。オイルの量は種類にもよりますが、ごはんお茶碗1杯に対して小さじ1/2~1くらいが適量です。

マカダミアナッツオイル+しそふりかけ

マカダミアナッツオイルには、肌の潤いを保つ効果があります。美肌を目指している方におススメのおにぎりです。

ゴマ油+鰹節

ゴマ油には脂肪燃焼と代謝アップの効果があります。ダイエット中の方におススメ。

米油+ザーサイ

米油には自律神経を整える効果があります。ストレスを感じている人、自律神経の乱れで寝付きにくい人におススメな、リラックス効果のあるおにぎりです。

オリーブオイル+たらこ

オリーブオイルには免疫力を高める効果があります。風邪が流行るシーズンの前には食べておきたいですね。

美味しく食べながら、健康になっちゃいましょう

まだまだいろいろな組み合わせができるオイルおにぎり。好みやその時に体に補給したい栄養に応じて、オイルや具材を変えられるのでバリエーションに富んでいて作るのも楽しそうですよね。健康効果も高く、簡単で保存もきくので忙しい方でも始めやすいのではないでしょうか。ぜひあなたもオイルおにぎりに挑戦して、オリジナルレシピを見つけてみてくださいね。

[PR] 首・肩・腰徹底リセット!

PAGE TOP