ココロとカラダのライフバランス情報サロン

こんなに重要だったとは・・・。朝食で得られる5つの効果

ヘルスケア投稿日:2016.10.27

こんなに重要だったとは・・・。朝食で得られる5つの効果

  • mailでシェア

朝食を食べることで得られる効果

健康な体を作るために必要なことは、1日3食しっかり食べて規則正しい生活をし、十分な睡眠をとることです。頭ではわかっていても、いざ行動に移すとなるとなかなか難しいんですよね。
厚生労働省は、朝食を全く食べない人や、栄養ドリンクのみ、乳製品のみなど、しっかり朝食を食べない成人が年々増加傾向にあることを発表しています。それと同時に、十分な食事を摂ることの重要性も説いています。実は、育ち盛りの子どもは勿論、大人にとっても朝から集中力を高めるために、朝ごはんは重要なのです。そんな朝ごはんの重要性と、その効果をご紹介します。

1.体に良く、肥満防止になる

朝ごはんを食べると、食べ物が入ってくることで胃や腸が活動を始めます。活動を始めることで体温が上がり、さらにその体温を保つために、蓄積されたエネルギーが消費されます。そのため、朝ごはんを食べる習慣がある人は胃や腸の動きが活発です。これは基礎代謝が高くなっている状態といえます。基礎代謝を上げることは肥満防止やダイエットにも効果があります。
ダイエット中は朝ごはんを食べない方が良い。と考える人が多いと思いますが、実は朝食を抜くことでダイエットの効果を妨げているのかもしれません。朝食を抜くと、胃が空っぽの状態が昼食まで続いてしまうため、昼食時には肥満の原因である「食べ過ぎ」をしてしまう恐れがあります。食べ過ぎなければ大丈夫とお考えの人もいるかもしれませんが、実は空腹が長く続くと体は栄養を蓄えようとするため、体に脂肪がつきやすいんです。朝ごはんをしっかり摂り、代謝を上げてカロリーを消費した方が、結果として健康的なダイエットに繋がると言えます。

2.おなかの調子を整える

朝ごはんを食べることで胃腸の働きが活発になると、大腸の活動にもスイッチが入ります。大腸の働きが促されることで、お通じが良くなります。便秘しがちの人ほど、朝ごはんを食べることをおススメします。

3.美肌効果がある

実は、朝ごはんと美肌には深い関係があります。肌に必要な栄養を摂ることで美肌になるという意味もありますが、お通じが良くなることで美肌効果が生まれるのです。便秘をすると体内に老廃物や毒素が溜まり、肌荒れを引き起こします。便秘を解消し、美肌を目指すためにも朝ごはんは食べたほうが良いのです。

4.目覚めが良くなる

朝ごはんを食べることで、脳や体にエネルギーが伝わりシャキッと目覚められます。また体温が上がり代謝が上がることで、朝のだるさや体の重さがなくなります。朝が苦手…という方ほど、シャキッと目覚めるためにも朝食を摂ることを習慣づけましょう。

5.脳の働きが活発になる

朝ごはんで炭水化物を摂ると「脳の働きが活発になる」「集中力がつく」「ストレスを抑制する」という素晴らしい効果があります。人は、脳中のブドウ糖が少なくなることで集中力がかけ、思考力が鈍り、さらにはイライラを感じやすくなります。ごはんやパンに含まれる炭水化物はブドウ糖に変化しやすく、脳の活動に必要な栄養を補給してくれます。このような効果から、朝から忙しく働いている人ほど、朝ごはんを食べたほうが良いのです。

免疫力が強くなり、生活習慣病の予防にも

朝ごはんを食べることで代謝が上がり、白血球の働きが活発になります。白血球が活発になると、病気に対する抵抗力が強くなるのです。抵抗力がつくと病気にかかりにくく、強い体を作ることができます。更には、朝食をしっかり食べることで昼食の食べ過ぎ防止にもなるので生活習慣病のリスクも軽減されます。

できることから、少しずつ改善を

朝ごはんの効果はご理解いただけたでしょうか?朝ごはんにオススメのメニューとして、ビタミンやミネラルが豊富な玄米や雑穀米などが挙げられます。栄養が豊富なので、健康にも美肌にも良いほか、腹持ちも良いので、お昼までにお腹が空くことも少なくて済みます。また、スパイスたっぷりのカレーもオススメです。それは、ターメリックやウコンなどのカレーに含まれるスパイスに、代謝を上げたり集中力を高めたりする効果が期待できるから。
それでも「今まで食べていなかったのに、いきなり朝食を食べ始めるのは難しい」という方は野菜ジュースやスープ、味噌汁などを食べることから始めてみてはいかがでしょうか?習慣化してきたら、そこにパンやおにぎりをプラスするなど、少しずつ増やしていくと良いでしょう。コツコツと続けることで体質が改善され、健康で元気な毎日を過ごすことができますよ。

[PR] カラダサマがわり!整えサマーキャンペーン

PAGE TOP