ココロとカラダのライフバランス情報サロン

自然でキレイな眉毛へ!薄くなってしまった眉毛を生やす方法

美容投稿日:2016.11.15

自然でキレイな眉毛へ!薄くなってしまった眉毛を生やす方法

  • mailでシェア

眉毛はなぜ薄くなってしまうの?

眉毛が元々薄いわけではなかったのに、気が付けばなかなか生えてこなくなってしまったという人、多いのではないでしょうか。眉毛が薄くなってしまう原因には、次のような理由が挙げられます。

  • 抜きすぎ
  • クレンジング不足
  • 眉毛の栄養不足

これらの原因を踏まえた上で対処することで、自然に眉毛を生やすことができます。今回は眉毛を生やすためにオススメの方法をご紹介します。

基本的に眉毛は抜かない

眉毛は、人間の体毛の中でも“一度抜けると生えにくい”という性質を持っていることをご存知でしょうか。眉毛の寿命は短く、生えるスピードが遅いということも特徴です。同じ箇所を抜き続けることで、脳はこの毛穴からは毛を生やしてはいけないと認識してしまいます。抜くときの刺激は、まぶたのたるみの原因にも繋がりますので、普段眉毛を抜いているという方は、まずは眉毛を抜くのをやめましょう。不要な部分をカットするか、剃る程度にすることをオススメします。

正しいクレンジングを行う

眉毛を生やすためには、眉毛の毛穴に汚れを溜め込まないようにすることが大切です。眉毛の毛穴は、日中アイブロウや眉マスカラなどで塞がりがちです。しっかりとクレンジングし、毛穴の汚れを落としてあげる必要があります。オススメの方法は、ホットタオルなどで毛穴を開いてからクレンジングする方法です。その後洗顔をし、水で毛穴を引き締めるのも忘れずに。

保湿をする

眉毛の保湿というのはあまり聞き馴染みがないかもしれませんが、実は保湿はまつ毛の育毛にも効果があると言われているくらい、欠かせない項目なのです。普段お肌を保湿するように、眉毛も優しく保湿してあげてください。

栄養を効果的に摂る

眉育毛のために摂りたい栄養素は6つ。まずは「鉄分」です。鉄分は、血行を促進し眉毛が抜けるのを予防します。牛乳、豚肉、鶏肉、ほうれん草、アボカド、海藻類などに多く含まれています。
次に「不飽和脂肪酸」を摂りましょう。不飽和脂肪酸には血液をサラサラにする効果があり、眉毛に栄養分を届きやすくしてくれます。不飽和脂肪酸が多く含まれる食べ物は、オリーブオイルや、ひまわり油、マカダミアナッツ、クルミなどです。
さらに、眉毛をこれ以上減らさないために必要な、「ビタミンE」が多く含まれる、ゴマやかぼちゃも積極的に摂りましょう。加えて「タンパク質」と一緒に摂ることで発毛効果が期待できる「亜鉛」も摂取しておきたいですね。亜鉛は、貝類、牛乳、ゴマなどに多く含まれています。そして最後に、妊娠時に特に必要とされている「葉酸」です。葉酸は、妊娠だけでなく肌や髪などの健康を保つためにも必要です。この6つの栄養素が、眉育毛にオススメの栄養素です。外からのケアに加え、食事で内側のケアをすることでさらに効果を促しましょう。

濃い眉メイクをやめる

近年太めの眉が流行になっているため、濃いめの眉メイクをしている人も多いと思います。しかし、濃い眉メイクは眉毛の育毛中にはあまりオススメできません。濃い眉メイクは眉の毛穴を塞いでしまう上に、クレンジングにも負担がかかります。しかし、そうは言っても眉メイクをせずにはいられないですよね。その場合は、濃いアイブロウは控え、アイブロウパウダーと眉マスカラでふんわり優しめのメイクにしておくと良いでしょう。化粧品もできるだけクレンジングで落としやすいものを選びましょう。

日々ケアを続けましょう

最近では眉毛エクステがあるようですが、それは最後の手段にとっておき、まずは自眉を生やすことから頑張ってみましょう。今回ご紹介した方法以外にも、眉毛用の美容液や育毛剤などを活用するのも良いですね。自眉が生えてくるとメイクもナチュラルになります。朝のメイク時間を短縮することだって可能です。自眉を育てるケアを続け、ナチュラルで美しい眉毛を生やしましょう。

[PR]

PAGE TOP