ココロとカラダのライフバランス情報サロン

声が老ける!?キレイで若々しい声を保つための改善方法!

ヘルスケア投稿日:2016.12.14

声が老ける!?キレイで若々しい声を保つための改善方法!

  • mailでシェア

声は年齢を重ねるごとに老けていく…。

最近は、美容習慣や健康意識の向上で見た目年齢が若々しい女性が増えていますよね。しかし人の年齢の印象は見た目だけではなく、声も影響しているというのはご存知でしょうか?「最近声が通りにくい。昔より声が低くなったかも?」という経験がある方は要注意。それは実は声が老けてきているからかもしれません。見た目年齢を若々しく保つのであれば、声のアンチエイジングを行うことは不可欠です!今回は、声を若々しく保つための改善法をご紹介いたします。

なぜ声は老化するの?

声の老化の原因は大きく分けて3つあります。

  • 閉経による女性ホルモンの減少

女性の場合、閉経することで女性ホルモンが減少し、声が低くなってしまいます。女性ホルモンが減少するとエストロゲンの減少により、体内のコラーゲンやヒアルロン酸を作り出す繊維芽細胞(せんいがさいぼう)の働きが鈍くなります。声帯の表面には弾力性を保つヒアルロン酸を含んだ膜があり、ヒアルロン酸が減少することで声帯のハリも失われてしまうのです。

  • 声帯の衰え

声帯はヒアルロン酸の減少でハリが失われることに加え、声帯は筋肉で出来ているので意識をしてトレーニングをしないと、どんどん衰えていきます。衰えていくことで声が出せる音域が狭くなっていきます。

  • 喫煙による喉への刺激の蓄積

喫煙は喉へ大きな負担をかけ、声にも大きく影響します。タバコの煙は声帯を腫れた状態にし、美しい声を出にくくさせます。主にこの3つの原因により、声は老化していきます。閉経は年齢とともに訪れる体の変化なので、対処することはできません。しかし、声帯の衰えや喫煙習慣は改善することができます。

声のアンチエイジング方法

声の老化の原因がわかれば、声のアンチエイジング方法は簡単です。オススメの方法を3つご紹介します。

  • できるだけ声を出して生活をする

声を使う仕事(アナウンサー、歌手、声優など)をしている人は普段から発声練習を行っているため、声が衰えにくいです。しかし普段あまり話さない職業や生活をしている人は、声帯がそのまま衰えていってしまいます。挨拶を積極的に行う、話す時は少し声を張るなど、意識して声を出すようにしましょう。

  • 普段から地声より1トーン高い声で話す

営業職や接客業をしている女性は普段から地声より1トーン高い声で話すことが多いため、声が若々しい方が多いと言われています。電話口で声のトーンを少し高くする時のように、普段から地声を1トーン高い声で話すことで声帯が鍛えられます。いきなり高い声で話すのが恥ずかしい場合は、明るく快活に話す癖を少しずつ付けていきましょう。すると自然と声のトーンが上がります。小さな声でボソボソ話す癖がある方は、声帯が鍛えられずに衰えていってしまう可能性が高いので、早めに対策をすることがオススメします。

  • 喉の保湿をする

乾燥した部屋にいると、喉の水分が失われてしまいます。空調も喉を乾燥させてしまう原因となるので、しっかり喉の保湿をしましょう。水分補給を行い、部屋を加湿することで改善できます。マスクの着用も効果的です。

  • 禁煙を行い、飲酒は控える

タバコの煙は声帯が腫れた状態になってしまうため、声帯を痛めつけているのと同じです。喫煙習慣が長い人の声はハスキーであったり、いがら声で声が出しにくい状態になったりしていることが多いです。声を若々しく保ちたい方は、早めの禁煙を推奨します。また、飲酒は水分補給にはなりません。アルコールはむしろ喉を乾かす成分があるので、控えめに。

声もアンチエイジング!

声は意識して生活することでアンチエイジングができます。例え地声が低くても、明るい声を意識して出すことにより癖が付き、地声でも1トーン高く話すことができます。声のアンチエイジングは早くからすることが大切です。声は意外とケアをしていない場合があるので、肌と同じようにケアをしましょう。声のアンチエイジングをすると、見た目年齢にプラスで若い印象を与えることができるので、ぜひ始めてみてくださいね。

[PR] シェイプキャンペーン!

PAGE TOP