ココロとカラダのライフバランス情報サロン

旬の食材で健康的に♪冬のオススメ食材10選!

フード投稿日:2017.01.03

旬の食材で健康的に♪冬のオススメ食材10選!

  • mailでシェア

旬のものを食べよう

寒い季節の到来ですね。昔から旬の食べ物は体に良いと言いますが、その理由をご存じでしょうか?旬の食べ物は、最も栄養価の高まる時期に収穫します。そのため旬の季節に食べることで、シーズン外よりも栄養価が2倍以上あると言われています。さらに、旬の食べ物はシーズン外よりもお値段が安く買えるのもポイント。今回は冬の旬の食べ物と、その栄養や効果をご紹介!旬のものを食べて、冬を風邪知らずで元気に過ごしましょう。

冬の旬のオススメ食べ物10選

1.エリンギ 旬の時期:10月頃~12月頃

食物繊維が豊富なため、便秘解消効果や血糖値の上昇を緩やかにする効果があります。また、ナイアシンが豊富です。ナイアシンは、糖質や脂質の代謝に関わるビタミンB群の仲間で、皮膚や粘膜の健康を支えます。そのため、ニキビ予防やニキビの改善に期待ができます。またアルコールの分解効果があるので、忘年会や新年会の際は一緒に摂るのがオススメです。

2.カリフラワー 旬の時期:11月頃~3月頃

1年中出回っている印象ですが、この時期のカリフラワーが最も美味しく食べられます。ビタミンCが豊富に含まれているため、疲労回復、かぜの予防、ガン予防、老化防止に効果があります。ビタミンCは美肌にも欠かせない栄養素なので、美肌を目指す方は積極的に摂取したい食材ですね。またカリフラワーに含まれるカリウムには、高血圧の予防をしてくれる効果があります。

3.ゴボウ 旬の時期:11月頃~2月頃

ゴボウは、水溶性、不溶性と両方の食物繊維を豊富に含んでいます。水溶性食物繊維はゲル状に溶けて、摂り過ぎた栄養素の吸収を抑制し、老廃物の排出を促してくれます。一方、不溶性食物繊維は腸を刺激し便の排出を促します。どちらも不要なものの排出を促してくれるため、便秘の解消に効果が大きいです。
他にも、不溶性食物繊維の一種である「リグニン」が、腸内の発ガン性物質を吸着してくれるので、大腸ガンのリスクを弱める働きが期待できます。

4.牡蠣 旬の時期:11月頃~2月頃

スーパーなどで1年中見られる牡蠣ですが、牡蠣に含まれるグリコーゲンという成分の含有量は、秋から冬にかけて増えます。グリコーゲンは運動のエネルギー源として使われたり、肝臓の働きを活性化する役割もあります。また、疲労回復効果も期待できます。

5.大根 旬の時期:11月頃~2月頃

大根は1年を通じて手に入れることができます。春夏に出回るもののは辛味が強い傾向にあり、寒い時期のほうが甘くみずみずしさがあります。大根は消化を助ける働きがあるため、食べ過ぎや胃もたれに効果を発揮します。生の方が栄養を損なわず摂取できるため、大根おろしやサラダとして食べるのがオススメです。

6.春菊 旬の時期:11月頃~3月頃

秋から冬にかけての春菊は香り高く、茎や葉が柔らかくなっています。「食べる風邪薬」と呼ばれるくらい栄養価が高く、消化器系・循環器系の働きを正常に整える効果があります。また肺の粘膜を潤す働きもあるため、咳の緩和にも効果が。風邪が流行る冬に、ぜひ食べたい食品です。

7.長いも 旬の時期:11月頃~1月頃

長いもは、女性に不足しがちな、亜鉛・カリウム・鉄などのミネラル成分と、美肌に欠かせない成分であるビタミンB群やビタミンCが豊富に含まれています。便秘解消効果も期待できるので、ぜひ女性が積極的に取り入れるべき食材です。

8.サバ 旬の時期:10月頃~12月頃

サバは秋から冬にかけて脂がのり、最も美味しく食べられる季節です。サバに含まれるEPAやDHAは、中性脂肪やコレステロール値を改善する働きがあり、生活習慣病の予防、脳の活性化などに効果が期待できます。また良質なタンパク質を摂取することができるため、体力向上や代謝活動の促進、疲労回復にも役立ちます。

9.ニシン 旬の時期:10月頃~12月頃

ニシンの卵「数の子」を獲る意味では、産卵期の春が旬と言われていますが、ニシン自体は、秋~冬にかけてが美味しくなっています。ニシンにはカルシウムが豊富に含まれています。成長期の子どもや妊娠中の女性は特に積極的に摂りたい栄養素ですね。また、ニシンはビタミンAが豊富なため、抜け毛や肌荒れ改善にも効果的です。サバ同様EPAやDHAも豊富なため、生活習慣病の予防にも効果が期待できます。

10.ブリ 旬の時期:11月頃~3月頃

美髪効果が期待できる良質なタンパク質と、脂肪や糖の燃焼を助けるビタミンB群が豊富に含まれています。栄養価が高い分カロリーは少し高めなので、ブリ大根などとして野菜と合わせて食べることがオススメです。

旬の季節に食べて元気に冬を過ごしましょう

現代は、品種改良や養殖により旬でなくてもスーパーなどで手軽に食材を買うことができます。しかし旬の食べ物は味も美味しく、栄養価が高いため効率よく栄養を摂取することができます。冬が旬の野菜には体を温める効果の高い根菜類が多いのが特徴です。
今年の冬は、旬のものをたくさん食べて健康に過ごしましょう!

[PR] カラダサマがわり!整えサマーキャンペーン

PAGE TOP