ココロとカラダのライフバランス情報サロン

フルーツ食べるなら、美容効果が上がるドライフルーツがオススメ。

美容投稿日:2017.01.17

フルーツ食べるなら、美容効果が上がるドライフルーツがオススメ。

  • mailでシェア

ドライフルーツは栄養のかたまり!

甘くて美味しいドライフルーツ。おやつやおつまみとして食べる方が多いと思います。実は、そんなドライフルーツに美容に嬉しい効果がたっぷりと含まれていることをご存じでしょうか?ドライフルーツは保存もしやすく、甘くて食べやすいので日々の生活に取り入れやすいのもメリットです。今回はドライフルーツの気になる効果とオススメの食べ方をご紹介します。

ドライフルーツで得られる効果

便秘解消

ドライフルーツには食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があり、水溶性食物繊維はゲル状に溶けて腸内環境を整えたり、栄養の吸収を調整したりする働きがあります。不溶性食物繊維は腸の働きを良くして便意を促してくれる効果があるのですが、ドライフルーツにはこの2つの食物繊維がバランス良く含まれているため、便秘解消効果が期待できるのです。
ちなみに食物繊維の量は、ドライプルーンは生プルーンの約3.8倍。ドライバナナは、なんと生バナナの約7倍にもなります。

美肌効果

マンゴーや干し柿、あんず、オレンジなどのドライフルーツには、ビタミンAが豊富に含まれています。ビタミンAは皮膚や粘膜の健康を維持する効果があります。そのため、肌荒れ改善に効果が期待できる栄養素です。他にもオレンジ、マンゴーなどのドライフルーツはビタミンCを含んでいるため、メラニン色素の抑制効果があり、美白には欠かせません。

アンチエイジング効果

マンゴーや干し柿、あんず、オレンジなどのドライフルーツに含まれているビタミンAやビタミンCには、美肌効果のほかにもアンチエイジング効果が期待できるため、シワやシミの予防や肌のハリ回復に効果を発揮します。また、クランベリーには強い抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれています。抗酸化作用により、体の酸化による老化を防ぐ効果も期待できます。

貧血防止

プルーンやレーズンには鉄分が多く含まれています。マンゴーには葉酸が含まれており、こちらも血液を作るために必要です。女性は特に鉄分や葉酸が不足しやすいため、普段から食べることをオススメします。

疲労回復効果

パイナップルやリンゴ、キウイのドライフルーツには、クエン酸、ビタミンB1、ビタミンCなどが含まれており、これらの栄養素は疲労回復効果が期待できます。更にドライフルーツには糖分が含まれているので、疲れた脳や体にもすぐにエネルギーとして変換することができます。

むくみ解消効果

カリウムの多く含まれるフルーツには、むくみ解消効果が期待できます。それは、カリウムには余分な塩分を体外に排出してくれる効果があるから。中でも、ドライバナナやあんずなどに多く含まれています。また、血液サラサラ効果のあるポリフェノールにも、むくみを和らげてくれる効果が期待できるため、ドライブルーベリーなどもオススメです。

組み合わせて食べるのがオススメ

ご紹介したように栄養価の高いドライフルーツですが、糖分やカロリーが少し高いというデメリットもあります。そのため、食べ過ぎには注意が必要です。ドライフルーツを選ぶ際は、なるべく砂糖のコーティングがされていないものを選ぶと良いでしょう。また、ドライフルーツのみを食べようとすると、ついつい食べ過ぎてしまうと思うので、ドライフルーツは他の食べ物に混ぜて食べるのがオススメです。たとえば無糖のヨーグルトに入れる、シリアルに混ぜて食べる、ノンシュガーの紅茶に混ぜるという方法です。無糖のヨーグルトに混ぜると、ドライフルーツの甘味が出て無糖でも程よい甘さで食べることができます。噛みごたえも出るので、ダイエット中のおやつ代わりにすれば、美味しく食べながら栄養も補給できて一石二鳥ですよ。また紅茶もフルーツティーとして楽しむことができるので、少し贅沢な気分を味わいたい時にも。ドライフルーツは組み合わせることで美味しく食べながら栄養も効率よく摂れるので、お好みの組み合わせを探してみましょう。

ドライフルーツで美容効果アップ!

ドライフルーツは、乾燥させることで生のままだと剥いてしまう果物の皮も一緒に食べることができます。果物の皮や実と皮の間には栄養素がぎっしりと詰まっているため、実は生で食べるよりもドライフルーツで食べる方が保存性も高く、栄養も効率よく摂取できるので忙しい人にもオススメなんです。美容にも疲れにも効果的なので、ぜひ食べてみてくださいね。

[PR] シェイプキャンペーン!

PAGE TOP