ココロとカラダのライフバランス情報サロン

高騰している今だから!野菜を長~く、美味しく保存する方法♪

ライフ投稿日:2017.01.26

高騰している今だから!野菜を長~く、美味しく保存する方法♪

  • mailでシェア

冬は野菜の値段が高い…

冬場は特に野菜が高いからセール時や安い時に買いだめをしたいけれど、使いきる前に悪くなってしまう…。そんな経験はないでしょうか?そんな時は、野菜の保存の仕方を見直しましょう。野菜ごとに正しい保存方法をすることで、野菜の鮮度は見違えるほど保つことができるのです!傷んでしまうまでの期間も大幅に伸ばすことができるので、買いだめをすることだってできます。そんな上手な野菜の保存方法をご紹介します!

レタス・キャベツの保存方法

レタス・キャベツは購入してすぐに、50℃くらいのお湯に30秒ほどくぐらせます。その後、水気を切って芯を残したままチャック付きの保存用袋に入れて、レタスは冷蔵庫の野菜室、キャベツは冷蔵庫に入れましょう。この時、どちらも芯の部分だけに水を含んだキッチンペーパーを当てておきます。葉は濡れたまま保存すると傷んでしまうので、芯だけを濡らした状態にするのがポイント。この方法でシャキシャキのレタス、キャベツが1週間は保存できます。
サラダに使うなど予め用途が決まっている場合は、葉をちぎってから50℃のお湯に15秒ほどくぐらせても良いです。
しかし、どちらも長期間保存しすぎるとせっかくの葉の甘味が苦みに変わってしまいますので、1週間以内に食べましょう。

トマトの保存方法

赤みが濃いトマトは充分に熟しているので、チャック付きの保存袋に入れて野菜室で保存しましょう。この時、必ずヘタを下向きにして保存します。なぜならヘタを下向きにすることで、成熟のスピードを緩やかにする効果があるからです。すでに熟しているトマトの熟れ過ぎ防止に役立ち、適度な締まりのある状態で食べることができます。
逆にまだ青みがあるトマトや、黄色味、赤みが浅いトマトはかごに入れて、直射日光の当たらない常温で保存しましょう。常温で保存することで自然に熟していき、赤みが出てきます。赤みが十分に出てきたところで、熟したトマトと同じように保存しましょう。
また、トマトは冷凍もできます。水洗いをして水気をしっかりとふき取った後、ラップに包みさらにチャック付きの保存袋に入れて冷凍庫へ入れます。トマトは冷凍することで、使う時に水洗いをするだけで皮がするりと剥けます。トマトをソースや煮込み料理に使う際にオススメの裏技です。

ニンジンの保存方法

ニンジンはすぐにしなびてしまうので、購入後すぐに保存しましょう。まず水洗をして水気をふきとり、新聞紙もしくはキッチンペーパーに1本ずつ包みます。そのままラップやチャック付きの保存袋には入れずに、野菜室で保存しましょう。この方法で、3日でしなびてしまうニンジンも1週間は水分を含み、シャキッとしたまま保存できます。

じゃがいも・さつまいもの保存方法

じゃがいもは直射日光をさけて風通しの良い常温で保存しましょう。
泥つきで購入した場合は、泥がついたままは保存した方が長持ちします。もっとも長期保存できる方法は、リンゴと一緒にポリ袋に入れておく方法です。リンゴから出る成分が、発芽成分を抑えてくれます。冷凍保存をする場合は、冷凍することで組織が壊れてしまうので、一度電子レンジに入れるか茹でるかをして、完全に熱を通します。そして細かくつぶしてコロッケやポテトサラダの種にして保存しましょう。
さつまいもは寒さに弱いため冷蔵庫に入れず、新聞紙に包んで常温で保存します。さつまいもも、じゃがいも同様に泥つきのものは泥がついたまま保管しましょう。保存は約2週間が目安です。泥つきのものを上手に保管すれば、3ヶ月ほど日持ちさせることもできます。

たまねぎの保存方法

黄玉たまねぎは、冷蔵庫ではなく風通しの良い冷暗所で保存しましょう。湿度が高いと腐敗が進むので、適度に湿度が低い部屋が望ましいです。新玉ねぎは水分量が多いため、チャック付きの保存袋に入れて野菜室に入れて保存しましょう。一度に使いきれない場合は、切り口が乾燥しないようにラップをして冷蔵庫で保管しましょう。

ぶなしめじの保存方法

ぶなしめじは水気を切って、ラップに包んで冷蔵庫で保存し、なるべく3~4日で使いきりましょう。さらに長期保存させたい場合は、冷凍するのがオススメ。石づきを切り落として、小房に分けラップに包み、チャック付きの保存袋に入れて保存します。この方法で約1ヶ月保存可能です。使用する場合は使う分量だけ取り出し、自然解凍しましょう。炒め物の場合は凍ったまま調理しても大丈夫です。

かしこく保存して上手に使いましょう

野菜は保存方法1つで、3日で傷んでしまうものが1週間、1ヶ月保存可能になります。安いうちに買いだめをして、上手に保存さえできれば賢く買い物ができるのです。知っていれば、大いに活用できる方法なので、ぜひ試してみてくださいね。

[PR] 気分一新!カラダ一新!春整体キャンペーン

PAGE TOP