ココロとカラダのライフバランス情報サロン

デコルテのぶつぶつ対策!オススメケア方法5選

美容投稿日:2017.02.13

デコルテのぶつぶつ対策!オススメケア方法5選

  • mailでシェア

デコルテのぶつぶつはケアが必要です!

首から胸にかけてのデコルテライン、特にまっすぐ横に伸びた美しい鎖骨には女性特有の美しさがありますよね。しかしそんなデコルテですが、気が付いたらぶつぶつと小さな発疹ができていたという経験はないでしょうか?そのぶつぶつ、痛みやかゆみがないからと言って放置しておくのは良くありません!ぶつぶつのない、キレイなデコルテにするためのケア方法5選をご紹介します。

デコルテのぶつぶつ、胸ニキビの原因

デコルテにできるぶつぶつの正体は、胸ニキビです。胸ニキビは顔にできるニキビ同様、直径数ミリほどの赤い炎症で、20代を過ぎてからできやすくなります。その他、カビの一種であるマラセチア菌が原因で発生するマラセチア毛包炎で、ぶつぶつが発生することもあります。次に胸ニキビができてしまう原因をご紹介します。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れは、不規則な生活や食事、運動不足が原因となって発生します。ホルモンバランスが乱れると、首から胸にかけての皮膚の角質異常が引き起こります。それにより角質が厚くなって、余分な皮脂が詰まり炎症を引き起こしてしまうのです。

ストレスによる免疫力の低下

ストレスを感じると交感神経の働きが一方的に優位になり、自律神経が乱れます。その神経の働きにより免疫力が低下し、肌が外部からの刺激に負けて胸ニキビができてしまうのです。

石鹸、ボディーソープ、シャンプーなどのすすぎ残り

石鹸、ボディーソープ、シャンプーなどのすすぎが不十分だと、胸ニキビができる原因に。髪の生え際や首元までしっかり洗い流すことを意識し、お風呂を出る前にもう一度髪から全身を流すと、すすぎ残しが防げるでしょう。特にストレスなどで肌の免疫機能が落ちている時は過敏に反応しやすくなります。

アクセサリーや下着による刺激

アクセサリーや下着も同様です。肌が乾燥していたり、肌の免疫機能が下がって敏感になっていたりする時は、アクセサリーや下着が刺激となって、ぶつぶつができてしまうこともあります。

デコルテのぶつぶつ改善法

1.デコルテを清潔にする

シャンプーやボディーソープはしっかりと流すように気を付けましょう。デコルテを洗う際は、ぶつぶつを引っかけてしまわないようにきめ細かい泡で優しく洗い、優しく洗い流すようにします。
そして、夏場は汗をこまめにふき取るようにしましょう。

2.デコルテを保湿する

スキンケアを行う時に、デコルテも一緒に保湿しましょう。顔用の化粧水や乳液を使っても良いですが、ニキビケア用の物を使うことをオススメします。

3.ぶつぶつが治るまではアクセサリーや刺激のある下着は控える

ぶつぶつができている時は、お肌が炎症を起こしているサイン。刺激や負担がかかってしまうアクセサリーや下着には気を配りましょう。肌着は木綿素材など天然素材のものが、刺激が少ないのでオススメ。化学繊維の肌着は肌が負けてしまう可能性があります。

4.規則正しい生活を行う

食べ物は脂っこいものを控え、ビタミン群を多く含んだ野菜を積極的に摂りましょう。

  • ビタミンA(にんじん、ほうれん草、かぼちゃ)
  • ビタミンB(卵、乳製品、まぐろ、カツオ)
  • ビタミンC(パプリカ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜)
  • ビタミンE(レバー、うなぎ、かつお)

これらの食材は、ニキビ改善に効果が期待できます。

5.ストレスを溜めないようにする

ストレスはニキビの悪化に影響を及ぼします。ストレスを発散させるためにも、運動をしたり、休日にゆっくり過ごしたりなど、自分がリフレッシュできる時間を確保するようにしましょう。

それでもぶつぶつが減らない場合は・・・

ここまでご紹介した方法を試してみてもぶつぶつが消えない時は、医師の診断を受けましょう。また、かゆみや痛みを伴う場合も同様です。

美しいデコルテを取り戻そう!

デコルテのぶつぶつが無くなれば、胸元が開いた服も自信を持って着ることもできますし、アクセサリーをキレイに見せることができますよね。ぶつぶつは同じ場所に繰り返しできてしまう性質があるので、できてしまったときは完治するようケアを長期的に続けましょう。

[PR] 首・肩・腰徹底リセット!

PAGE TOP