ココロとカラダのライフバランス情報サロン

素早い対処が大切!食べこぼしシミの正しい処置方法

ライフ投稿日:2017.02.14

素早い対処が大切!食べこぼしシミの正しい処置方法

  • mailでシェア

ついうっかり…食べこぼしのシミ

お気に入りの服に、ついうっかり食べこぼしのシミをつけてしまってガッカリ…。そんな経験がある方は多いと思います。外出先ですぐに洗濯ができない時は、特に困ってしまいますよね。そんな時に効果的な応急処置の方法をご紹介します!

上手なシミの対処法

食べこぼしシミの処置を効果的に行うためには、3つのコツがあります。

  • シミがついてしまったら、乾く前にすぐに対処する
  • ハンカチやティッシュなど、別の素材にシミを移す
  • 決してこすらない

この3つのコツに加えて、シミにはタイプがあることと、シミのタイプによって対処法が異なることを覚えておきましょう。

シミにはタイプがある

食べ物のシミには、カレーやソースなど油分を含むタイプのシミと、醤油や果汁など水に溶けやすいタイプのシミがあります。シミがついてしまった時はそのシミのタイプを見極めて、それぞれにあった対処をしましょう。

油分を含んだシミ:カレー、パスタソース、ケチャップ、ドレッシングなど

  1. 乾いたティッシュで油分を吸い取る
  2. 湿らせたハンカチまたはティッシュにハンドソープか石鹸をつけて、シミに中央から外側に向けてなじませる
  3. シミの裏側に乾いたハンカチまたは何枚か重ねたティッシュを当て、水を含んだティッシュで表側から押さえつけるようにし、ハンカチ(ティッシュ)にシミを移す
  4. シミが抜けたら、乾いたティッシュで余分な水分を拭き取る

水に溶けやすいシミ:醤油、果汁、茶、コーヒーなど

  1. ティッシュに水を含ませる
  2. シミの裏側にハンカチまたは重ねたティッシュを当て、ティッシュで中央から外側に向けてシミを湿らせる
  3. 乾いたティッシュで水分を拭き取る

応急処置をした後は

シミの応急処置の後は、帰宅後できるだけ早く洗濯をしましょう。シミがキレイに落ちている場合は、そのまま洗濯機で洗って大丈夫です。しかしシミが残ってしまっている場合は、更にシミ抜きを行う必要があります。またその方法もシミのタイプによって異なります。

油分を含んだシミ:カレー、パスタソース、ケチャップ、ドレッシングなど

  1. シミの裏に畳んだタオルを敷く
  2. 中性洗剤を含ませた歯ブラシで、シミをトントンと叩く
  3. 水分を含んだタオルで汚れを拭き取る
  4. 2と3を落ちるまで繰り返す

水に溶けやすいシミ:醤油、果汁、茶、コーヒーなど

  1. シミの裏に畳んだタオルを敷く
  2. 水分を含ませた歯ブラシで、シミをトントンと叩く
  3. 何回か叩いた後、タオルの位置を変える
  4. 2と3を、タオルにシミがうつるまで繰り返す
  5. 落ちない場合は、衣類の洗濯表示に記載のある洗剤を歯ブラシに含ませて叩く
  6. シミが落ちた後、乾いたタオルで拭き取る

洗剤を使用する場合は必ず衣類の洗濯表示を確認してください。また、衣類用漂白剤はできるだけ使用しないようにしましょう。もし衣類に日焼け止めがついていた場合、漂白剤の成分によって繊維がピンク色に変色してしまう場合があります。毛、シルク、ナイロン素材も漂白剤を使用すると黄色く変色したり、繊維が溶けたりする恐れがあるので注意が必要です。もし漂白剤を使うのであれば、衣類用の酸素系漂白剤を使用しましょう。その他の素材でも、漂白剤を使用しても問題がないか確認してから行うようにしてください。

シミには早めの対処が大切

大切な洋服がシミで台無しになってしまったら悲しいですよね。しかし、シミは応急処置をすぐに行えばほとんどが落とせます。しかし、もし処置が遅れてしまうと落とすのは難しくなってしまいます。時間が経ってしまったシミの場合は、クリーニングに出した方が良いでしょう。また今回ご紹介した方法を試しても落ちない場合も、無理せずにクリーニングに出してくださいね。

[PR]

PAGE TOP