ココロとカラダのライフバランス情報サロン

洗濯物が乾きにくい冬に!洗濯物のニオイを防いで早く乾かす方法

ライフ投稿日:2017.02.23

洗濯物が乾きにくい冬に!洗濯物のニオイを防いで早く乾かす方法

  • mailでシェア

冬は洗濯物が乾きにくい・・・。

洗濯物が乾きにくい冬。十分に干したはずなのに、まだ湿っているという経験はないでしょうか?洗濯物がパリッと乾いていないと、なんだか残念な気持ちになってしまいますよね。ましてや、乾き具合が悪くて生乾き臭がしてしまい、もう1度洗濯し直しなんてことになったら嫌ですよね。そんな洗濯物が乾きにくい冬にこそ知っておきたい、洗濯物の上手な乾かしのコツをご紹介します!

洗濯物を上手に乾かす8つのテクニック

1.1回に洗う量を減らす

洗濯物を洗う量に対して、乾かすスペースが足りない時がないですか?十分に風通しの良いスペースが確保されていないと、乾きが悪く臭いの原因となってしまいます。1度に洗う分はスペースを十分に確保できる分量に分割して行いましょう。洗濯の回数は増えてしまいますが、乾き不足や臭いの発生といった洗濯の失敗を防ぐことができます。

2.脱水をしっかりと行う

干す前に水分をしっかり吸収することで、洗濯物の乾かす時間を短縮できます。
洗濯機の脱水コースで脱水を行った後、比較的乾きやすいタイツ、薄手の肌着、Tシャツなどは取り出します。そして乾きにくいスウェットや厚手のタオルなどを洗濯機の中に残し、追加で脱水をかけます。もし脱水による衣類の傷みが心配な場合は、洗濯機での脱水は1度にして乾いたバスタオルを使いましょう。水分が残っている衣類をバスタオルで包み、水分を吸収する方法です。

3.衣類を裏返して干す

乾きにくい衣類は裏返して干します。裏返すことで、縫い目やポケットなどの乾きにくく、臭いが発生しやすい部分を乾きやすくすることができます。また色の濃い衣類は裏返して干すことで、日光による脱色を防止できます。

4.タオルは片面を長くして干す

タオルはハンガーにかけて干す際、中心で均等に干すのではなくどちらか一方を長めにとって干すようにしましょう。重なり合う部分が減ることと、風が当たる面積が増えることで乾く時間が短縮されます。

5.衣類の長さによって干す位置を変える

洗濯ハンガーに複数の洗濯物を干す時は、丈の長い衣類は外側に、短い衣類は中央に干します。そうすることで風通しが良くなり、乾きを早めることができます。

6.衣類の空間を10cm開ける

衣類を干す空間を10cmほど開けることで、衣類の間の風通しがよく、乾く時間が短縮されます。もし洗濯物を乾かすスペースが狭い場合は、洗濯する1回の量を減らして衣類の空間を開けて干せるように調整しましょう。それでも足りない場合は、乾きやすいものは部屋干しにして外干しの衣類の空間を確保します。浴室乾燥機能を使用するのも良いでしょう。その場合も、間隔を確保できる量を干すようにしてください。予め表面が少し乾いてくるくらいまで部屋干しをしてから浴室乾燥機を使用すると、電気代を抑えることができますよ。

7.部屋干しは新聞紙と風を使う

部屋干しを行う時にはコツが必要です。まず、できるだけ風通しの良い所に干すことが大切。ハンガー干しをする際は、ハンガーに新聞紙をかけた上から濡れた衣類をかけましょう。こうすることで新聞紙が水分を吸い取ってくれます。ただし衣類がビショビショのまま干してしまうと、新聞紙が服に張り付いてしまうこともあるので、ある程度しっかり脱水をしてからにしましょう。袖には筒状に丸めた新聞紙を入れることがオススメです。そして扇風機などで風を送ります。さらに除湿器や空調の除湿機能を使いましょう。新聞紙の除湿効果と風により、部屋干しでも衣類が臭くなるのを防止します。
乾燥機を使用すると簡単に乾かすことができますが、きちんと乾いているか確認するのを忘れないようにしましょう。内側までしっかり乾ききっていないと、臭いの原因になってしまいます。また、乾燥後は早めに取り出しましょう。洗濯機や乾燥機に長時間洗濯物を放置すると、雑菌が繁殖し臭いの原因を作ってしまいます。

8.洗濯後は洗濯機のフタを開けておく

洗濯後は洗濯機のフタを1時間ほど開けておきましょう。フタを閉めたままにすると、湿気と臭いがこもり洗濯機自体が臭いの原因となってしまいます。次回からの洗濯物に影響が出てしまわないためにも、しばらく開けておきましょう。また洗濯槽クリーナーなどを使用し、月に1回ほど洗濯機の洗浄をしましょう。

コツをつかんで、冬でも気持ちよく洗濯しよう

洗濯物は、コツ次第で格段に乾かしやすくなります。しっかりと乾燥したふわふわの衣類やタオルは気持ちいいですよね。またしっかりと乾燥させることで、雑菌の繁殖を防ぐので香りも良くなります。普段から洗濯物が乾きにくくて困っていたという方は、ぜひ1度試してみてはいかがでしょうか。冬でも洗濯が楽しくなるかもしれませんよ!

[PR]

PAGE TOP