ココロとカラダのライフバランス情報サロン

寝ている間にスキンケア♪夜美容を成功させるためにするべき5つのコト

美容投稿日:2017.02.24

寝ている間にスキンケア♪夜美容を成功させるためにするべき5つのコト

  • mailでシェア

夜美容は美肌のカギ

寝ている間にスキンケアが出来たら、寝る前にスキンケアにかける時間が減らせるのにと思った事ってありませんか?
冬場は特に寝ている間の肌の乾燥が気になりますよね。加湿器をつけて部屋の湿度を保つようにしても、きちんとスキンケアをしていても、寝起きの肌が乾燥している…。そんなお悩みを持っている人は多く、たくさんの女性が睡眠中に効果的なスキンケアをしたいと考えています。そんな多くの女性が望む夜美容ですが、寝る前の行動を工夫することで実現できるのです。そんな夜美容を成功させる、寝る前の行動5選をご紹介します。

1.就寝1時間前に入浴を済ませる

夜美容をするためには、まず“ぐっすり眠ること“がポイントとなります。ぐっすりと眠ることで成長ホルモンが分泌され皮膚の修復を行い、肌をキレイにします。美肌に欠かせない成長ホルモンが分泌され始めるのは入眠直後の3時間。この時間はお肌のゴールデンタイムといわれ最も重要な時間なのです。
睡眠をしっかりと取るためには、体が芯から温まっていることが大切です。そこで就寝1時間前に入浴を済ませておくことで、体が芯から温まった状態で睡眠に入ることができます。入浴直後は非常に体が温まっている状態ですが、徐々に体温が落ち着くころに自然と眠気がくるので、1時間前に終わらせておくということがポイントとなります。

2.寝る前のスキンケア

入浴後はきちんとスキンケアを行いましょう。日中は紫外線対策がポイントですが、紫外線を浴びない夜は、保湿がポイント。ナイトクリームを使うなどして高保湿の保湿剤でお肌に潤いを与えましょう。入浴後の温まった手のひらに化粧水をなじませて顔にゆっくり押し当てることで、効率よく肌に潤いを与えられます。パックやオイルマッサージをするのも効果的です。

3.首や髪のケアも忘れずに

スキンケアをしっかりと行っていても、首や髪のケアは忘れがちですよね。しかし、実は首と髪の保湿は寝る前に行っておくことが重要です。首は1日中、上下左右に動かしているためシワができやすいパーツです。また、首は年齢が出やすいパーツでもあります。そのため、顔のスキンケアの際に首にもしっかり保湿クリームを塗りましょう。寝る時は高い枕を使用してしまうと仰向けに寝た時に首の角度が下に向いてしまい、首のシワを作ってしまう原因となるため枕の高さは低めのものを使用しましょう。
また髪の毛は、寝ている間に寝返りで布団との摩擦でダメージを受けてしまいます。洗い流さないトリートメントやヘアオイルで保護をしてから眠ると翌日絡まりが少ない艶やかな髪になるでしょう。

4.ビタミンを取るなら睡眠前に

ビタミンは朝昼夜の3回に分けて摂ることが望ましいのですが、実は睡眠前に取ることもオススメです。肌の潤いに必要なコラーゲンは寝ている間に多く生成されます。そのためコラーゲンの生成に欠かせないビタミンCは、睡眠中にこそ血中濃度を高めておく必要があります。効果をアップさせるためにも、ビタミンCのドリンクやサプリメントは寝る前に飲みましょう。

5.手や唇の保湿も重要

寝る前に手や唇の保湿を行っておくと、寝ている間に潤いを補給することができます。唇の保湿は普段のリップクリームでも良いですが、オススメはハチミツ+ワセリンのパック。

【ハチミツ+ワセリンパック】

  1. ハチミツを唇に適量のせラップをする
  2. 5分ほど置いた後、ハチミツを拭き取りワセリンを塗る

手の保湿には、ワセリンやシアバターなどのこってりとしたハンドクリームを使うことをオススメします。

眠活を始めましょう

睡眠によって美容効果を得るということは、健康的で最も基本的な美容法です。睡眠は美容と切っても切り離せないくらい重要なのです。その効果をさらにアップさせるために、寝る前の眠活を始めてみませんか?眠活は入浴後から睡眠までの1時間がポイント。毎日コツコツと行ってキレイになりましょう。

[PR]

PAGE TOP