ココロとカラダのライフバランス情報サロン

生活習慣をほんのちょっと変えるだけで冷え性改善!?

ヘルスケア投稿日:2015.08.14

生活習慣をほんのちょっと変えるだけで冷え性改善!?

  • mailでシェア

体を動かす習慣をつける

夏場の暑い時も手足が冷えるという女性は多いです。いわゆる冷え性なのですが、簡単に言うと血流が十分ではなく末端に血液の供給がうまくできなくなっているため、手足の先が冷えるのです。何より、血行が良くなるような生活習慣をつけることが大事です。そのためには、なるべく体を動かす習慣をつけましょう。忙しくて運動する時間が作れないという人もいるでしょう。しかしたとえばエレベーターを使わずに階段を利用するとか、最寄り駅の手前で降りて歩いて帰宅するなど、忙しくても運動する機会を作ろうと思えばできます。

お風呂にゆっくりと入る

冷え性を改善する生活習慣でお勧めなのは、お風呂に入ることです。夏の暑い時期や残業などで深夜遅くに帰宅した時などは、シャワーで簡単に済ませたいと思う人も多いでしょう。しかし20~30分くらい、38~40度のどちらかというとぬるめのお湯に入るのがお勧めです。肩までしっかりつかる必要はなく、いわゆる半身浴を30分弱行えば、体の芯から温まりますし、さらに入浴剤などを使うと、その日1日の疲れもしっかり癒やせるはずです。

服装に注意

皆さんが普段何気なくやっている洋服のコーディネートが、もしかすると冷え性を悪化させているかもしれません。サイズの合っていない靴やきつめの下着を普段つけている人は特に要注意です。ガードルを身に着けている人もいるかもしれませんが、実はガードルは冷え性を悪化させる危険性が高いと言われています。
これは太ももの付け根にあるリンパ節という所を圧迫すると代謝の力をダウンさせ、冷え症を悪化させる為です。

 

暑がりが多い職場での過ごし方

会社によっては暑がりな男性社員が多く、クーラーが22度以下なんてことも多々ありますよね。この夏場のクーラーも冷え性の大敵ですので、職場での服装にも注意しましょう。基本的には素肌を見せないよう、薄手のカーディガンやストールでを羽織るだけでかなりの効果があります。また、意外と知られていないのですが、薄手の腹巻もおすすめ。やはりお腹を温める事が身体全体の保温に繋がるという事で冷え性対策には最適です。

睡眠をしっかりとること

私たちが生きていく中で欠かせないのが、睡眠です。睡眠不足の状態が続くと、体に悪影響が出ますし、脳機能も鈍りますので思わぬミスを招く可能性があります。睡眠をしっかりとることが大事です。ただし仕事が忙しいなどで、十分な睡眠時間を確保できない人もいるでしょう。その場合には、同じ時間に眠ることが大事で、規則正しい睡眠で、体に一定のリズムを身につけることが冷え性対策になります。

冷え性対策の食生活

冷え性対策の生活習慣で欠かせないのは食生活です。まずビタミン群を積極的に摂取しましょう。糖質や脂質をエネルギーに変えるビタミンBやけっこう改善効果のあるビタミンE、貧血対策のビタミンCなどは意識して摂取したいところです。その他にもタンパク質も摂取することも重要で、食べたものを熱変換する効率が脂質や炭水化物と比較すると高いからです。

[PR] シェイプキャンペーン!

PAGE TOP