ココロとカラダのライフバランス情報サロン

手軽にすぐ始められる!フルーツダイエットを成功させるコツ

ヘルスケア投稿日:2015.08.14

手軽にすぐ始められる!フルーツダイエットを成功させるコツ

  • mailでシェア

フルーツダイエットの効果

ダイエットをして引き締めボディにしたいと思っている人もいるでしょう。ダイエットといえば運動や食事制限が連想されますが、今メディアでもトピックとして挙げられているのがフルーツダイエットです。実はフルーツにはいくつかのダイエット効果が期待されています。いろいろな栄養分が含まれているのですが、その中でも酵素のダイエット効果は大きいと言われます。酵素は体内循環をスムーズにすることで消化によいカラダ作りを促すためデトックス効果が高いと言われています。また、余分なものをカラダの外へ出すことによって代謝効率があがり、太りにくい体を作ってくれますし、また食物繊維が含まれていることで、膨満感を引き出す事ができるのです。
フルーツに含まれる食物繊維は「不溶性食物繊維」と言われ、便秘がちな人は特に排泄が促されるため太りにくいと言われています。また、糖質の低いフルーツを選ぶことで太りにくくなります。たくさん食べなくても満腹感が得られ、無理なくダイエットできるわけです。

朝に食べよう

せっかくフルーツダイエットを実践する以上、できるだけ大きな効果を引き出したいところです。そのためには、朝に食べる習慣をつけることです。私たちは日々排泄をしているはずですが、明け方からお昼時くらいまでが理想的な排泄タイムとされます。もしこの時間帯に炭水化物やたんぱく質をたくさん摂取すると、酵素やエネルギーが消化や吸収にも使われて、排せつに十分回せなくなり、便秘気味になってポッコリお腹になってしまいます。

もしフルーツを朝食として食べれば、消化に大きな負担がかからず、必要なエネルギーは補給でき、酵素などは排泄に集中できるようになります。便秘が解消され、ポッコリお腹を解消することが出来るのです。

最近出社時間の関係で、朝食抜きで会社に行く人も増えています。しかしフルーツであれば、そのまま食べられるので手軽に摂取できます。排泄が促されると、カラダにたまった余分なものも一緒に外に出されるため、結果的に代謝の力を高め、痩せやすい体質に近づきます。

フルーツの食べ方

フルーツダイエットの方法ですが、あまり細かなルールはありません。まず昼食までは、フルーツ以外の食べ物は原則口にしないことです。特定のフルーツを摂取しなければならない決まりはありませんが、できれば3種類くらいのフルーツをピックアップして食べましょう。満腹感を得やすい点から、水分が多いものや食物繊維が豊富なものを選ぶとよいでしょう。例えばスイカは水分が多く、食物繊維も豊富。さらにスイカに含まれるシトルリンは血行を促し、むくみや冷えにもよいとされています。そのほかグレープフルーツも同様の観点からおすすめです。グレープフルーツには抗酸化や美白によいとされるビタミンCが豊富にふくまれ、また香りもダイエットにオススメです。

もしフルーツに含まれる果糖が気になる人は、低糖質なフルーツを選ぶと言う選択肢もあります。アボカドは糖質が.7g/100gと非常に低いので糖質制限する人にはおすすめ。またイチゴは甘い果物の中でも比較的糖質が低い部類(7.5g/100g)である上に、美肌やアンチエイジングに関わるビタミンCも多く含まれています。
冷やしたものではなく、常温のフルーツを食べるのがポイントです。飲み物にして摂取する場合は自家製のフルーツジュースで飲むことをおすすめします。市販のジュースではなく、生ジュースを飲むように心がけましょう。加工してから時間が経っている市販のものではフルーツに含まれる酵素やビタミンが壊れるため、代謝に作用する成分が失われます。水分補給はお水で行い、ダイエット中はお茶やコーヒーのようなカフェインを含む飲み物は飲まないようにしましょう。

ちなみに便秘の方には「りんご」がおすすめです。
りんごは「シミやそばかす対策・整肌作用のあるビタミンC」を含み、「ポリフェノールの抗酸化作用、美白効果」と美容効果だけでなく、水溶性食物繊維のペクチンが含まれております。この成分は整腸作用があり、便秘気味の腸の調子を整えてくれます。りんごはフルーツダイエットにはうってつけの果物と言えるでしょう。

夕食は早めに

フルーツはお腹に何も入っていない時の方が効果はより出るとされます。そこで前日の夕食は、なるべく早めに済ませておいた方がダイエット効果も大きくなります。またフルーツでデトックスしたカラダは体内循環が整い、代謝が上がりやすい体質になっています。ストレッチや運動を併せて行うことで、より基礎代謝をアップさせることができます。フルーツダイエットは朝がオススメなので、昼食以降は玄米を取り入れたご飯などを取り入れてみると更に腸内をキレイに保てます。

[PR] 産後整体キャンペーン!

PAGE TOP