ココロとカラダのライフバランス情報サロン

これで朝起きて、むくみが無い!?顔のむくみ原因とケア

美容投稿日:2015.08.14

これで朝起きて、むくみが無い!?顔のむくみ原因とケア

  • mailでシェア

朝に簡単にできるむくみ対策

朝起きて鏡を見てみると、顔がパンパンの状態になっていたことはありませんか?
そんな時、外出するのはとても憂鬱になるはずです。朝むくみが起きるのは、簡単に言えば血液の巡りがよくないからです。
むくみがおきる仕組みは様々あります。塩分を摂りすぎて、体内の浸透圧を調整するためにカラダが水分を溜め込んでしまうケース、睡眠不足によって体内の酸素が不足し、カラダが酸素を求めて血管を拡張することで水分バランスがくずれて起こるケース、細菌がリンパ管に入り込んで高熱とむくみを発症するようなケースなどがあります。
むくみによって体内循環が滞りがちになると血流が悪くなるため、肌も血色が悪くなり、くすみがちになります。また滞った肌表面はターンオーバーのバランスや肌の水分バランスが崩れ、結果として皮脂が増えてニキビ肌になったり、逆に乾燥して粉が吹くほど水分が不足した乾燥肌になってしまうこともあります。
またむくみの原因が腎機能や肝機能の低下、腎臓・肝臓、リンパ管炎などの病気であることもあります。腎不全などの病気は体内の水分をろ過して排出する機能が十分機能していないため、顔に浮腫がでることもあります。
排出できれば、パンパンな顔のむくみも解消できるはずです。

むくみを取り除くためのポイントは「血流の促し」

そこで顔のむくみ対策として大事なのは、とにかく血流を良くすることです。顔に血液を渡す血管は、首を通っています。長時間睡眠をとると同じ姿勢でいることがどうしても長くなります。そこで首の筋肉も凝り固まってしまって、血管を圧迫しています。
そこで首を回すなどのストレッチをして、血液の巡りを良くしましょう。その上で、後ろで両手を組んだ状態で、体を前屈させます。重力の関係で顔が下に来れば、血液も顔に多く流れ込みます。血液の流れを良くして、余分な水分を排出できれば、パンパンな顔のむくみも解消できるはずです。

セルフで顔を揉みほぐしてみる

自分でフェイスマッサージすることで、リンパの循環を促してキレイなフェイスラインに変身させる方法もあります。
顔全体が丸い、しもぶくれなどがコンプレックスな人は、右手の人差し指と中指を使って顎を挟みます。そしてフェイスラインに沿って指を滑らせ、耳の下までスライドさせます。左側も同様の方法でさすりましょう。
顔に集中している血管の血流を促すことでリンパの循環もスムーズになり、顔のむくみが解消されます。

首や肩の凝りを解消して血行をよくする

首や肩にコリを感じている人は、朝起きたときにむくみやすいはずです。
首や肩の筋肉が緊張しているため、血管が圧迫されるからです。そこで眠る前のちょっとした時間を利用して、胸の外側を8の字を描くような感じでもみほぐししましょう。これだけで、首や肩の凝りを軽減でき、1日の疲れも取りやすくなります。軽めの力でマッサージするのがポイントです。

スマホが原因となることも!?

実は身近にあるスマートフォン、これが顔のたるみの原因となっているという研究結果があります。スマホを触っているときの猫背が何より顔のたるみの原因なのです。
猫背になると、首を前に出し、顔を下に向けることになります。
顔が重力によって下へ落ちる状態が習慣化し、顔のたるみや老け顔を加速させてしまうのです。
心当たりがある方はまずは毎日触っているスマホを一度捨てて、生活をしてみるというのも顔のたるみを治すきっかけとなるでしょう。

[PR] シェイプキャンペーン!

PAGE TOP