ココロとカラダのライフバランス情報サロン

【ランニングを始めよう!】初心者のためのランニングウェアの選び方

ライフ投稿日:2015.09.10

【ランニングを始めよう!】初心者のためのランニングウェアの選び方

  • mailでシェア

近年、東京マラソンなどの国内ランニングイベントが増えてランニング人口も増えてきています。
かつてランニングする際のウェアといえば『タンクトップと薄地の短パン』のイメージでしたが、今は女性のランナーも多く、ファッションとして楽しめるデザインが増えていますね。
そこで、走ってみようとは思うけどランニングウェアはどれを選んだらいいのかわからない方、ランニングを始めて日が浅い初心者ランナーの方へ、ランニング時のウェアやアイテム選びのポイント、ランニングにおけるダイエット面での有用性についてご紹介します。

ランニングに便利なウェアあれこれ

ランニングウェアにファッション性が求められるようになってから実に多くのウェアが市場にあふれています。機能性やファッション性など含め、ランニングにあったら便利なものをご紹介しましょう。

シューズ

ランニングは着地の際に足へ負担がかかります。ランニングを頻繁にする方は着地時の重心移動をサポートし、クッション性の高いものがおススメです。
走り方によっては着地時の足の向きにも差が出ます。自分の足や走り方に合う靴を見つけてください。

また足首を痛めないためにもしっかりとしたホールド感がある靴紐がついているものを極力選びましょう

キャップ(帽子)、ランニング用サンバイザー

日差しの強い夏や、雨の日などに活躍してくれます。また、最近はサングラスを掛けるために浅めの設計がされているものや、通気性の高いメッシュ生地、UVカット処理されたもの、また撥水加工がされたものもあります。風の強い日は、浮いてしまう可能性があるキャップより、風に強いサンバイザーがおススメ。

サングラス

サングラスは河川敷など日影が少ない場所でのランニングや、夏の強い日差し、冬の西日にも効果的です。
UVカット効果だけでなく、花粉やほこり、虫よけにも最適。最近ではナイトラン用のサングラスもあり、まぶしい街頭の光を抑え、暗闇の道の状態を把握できるような優れものが出ています。
汗に関しても走行の邪魔にならない工夫がされているサングラスもあります。ランニング距離や場所によって使うか考えましょう。

Tシャツ、ソックス

運動をする上でもスタンダードですね。ソックスは走行時の足裏の放熱や汗の吸収をサポートし、事故やケガの可能性を減らしてくれます。防臭にもなりますね。

サポートタイツ

暑さ・寒さや吸水・速乾などの機能に優れたサポートタイツはランニングに最適です。
昨今はそれだけでなく、ランニング時の怪我を事前に防ぐための、関節や骨盤と言った部分をサポートしてくれる機能や、筋肉への負担を減らしたり筋肉疲労を和らげる機能があるものも。

スカート

最近よく見かける、女性用ランニングファッションとしても定着したスカート。通称「ランスカ」や「ランニングドレス(ワンピースのような形状)」とも言われています。
タイツは空気の抵抗も少なく、機能性は高いですが、カラダのラインも分かり易いスタイルなので、スカートを履くとおしゃれですよね。

短パン、ジャージ、ランパン(ランニングパンツ)

最近では短パンをタイツの上から履くスタイルも見受けられます。細身のジャージも動きやすいものがたくさんあります。
また、昔ながらの丈の短いランパンはちょっと・・・と抵抗がある方もいると思います。実はランニングの経験値が上がってきたときに夏場のスピード練習をする際は、ランシャツとランパンがおススメ。放熱性、速乾性も高いため、驚くほど快適で練習しやすくなります。
もちろんこれらは「あれば便利」なものです。

初めてのランニングウェアは「汗を掻いても動きが悪くならないこと」に重点を置く

ランニングウェアにファッション性が求められるようになってから実に多くのウェアが市場にあふれていますが、機能性という面でも実に多くの機能を備えた物があります。

  • サポート機能(関節や筋肉の故障部位に対する)がある
  • 湿度調整ができる(夏は速乾性、通気性がある、冬は防風・保温ができる)
  • 姿勢やブレを矯正する
  • 疲労回復を促す

色々なデザイン、色、機能、一体どれを選んでいいのかわからなくなってしまいますよね。
そんな初めてのランニングウェア選びのポイントは「汗を掻いても動きが悪くならない」こと。
汗によって衣類が貼りついて走りにくいとケガの原因にもなりますし、何より快適には走れませんよね。
従って通気性や速乾性のある素材であるかはチェックしましょう。
例えば通常Tシャツと言えば「綿」がメジャーですが、綿素材の特徴は「吸水性がある」ものの、「速乾性が低い」という点にあります。特に長距離を走る場合、吸収された汗が乾かないため、体温を奪われたり衣類が身体に貼りついたりするため不向きです。
最近のランニングTシャツは「ポリエステル」を使用しているものが多くあります。
ポリエステルは吸水性・速乾性共に高いパフォーマンスを発揮します。気温の低い季節に着用するにはやや肌寒さを感じますが、走っている間の汗の調節に優れています。
ランニングは走る回数を経ていくことで自分の走り方や姿勢が身についていきますので初めから姿勢やブレを矯正する機能はなくても問題ありません。
一番の問題は走ることに集中できないこと。それは故障やケガの原因にもつながります。

冬は保温にも留意して体温調節できるウェア選びを

寒い地方や気温が極度に低い冬の日はランニングで凍傷を起こしてしまう場合もあります。
先ほどご紹介したポリエステルは、素材としての保温機能が低いので、非常に寒い地方でランニングを嗜むときには、速乾性の高いポリエステル素材を使ったロングTシャツで、やや生地が厚手のものや起毛がついたものを、上からはベストを着て体温の調節を計ることもできます。防風機能も大切ですが、やはり汗がまとわりつく素材の方が体温を奪われやすく、おススメできません。防風したい場合はその上から薄手のウィンドブレーカーを着用してみましょう。
様々なシチュエーションに応じて快適に走ることができるものを選んでくださいね。

荷物は最小限に。ウエストポーチよりもポケットファスナーがおススメ

元に貴重品を持ちながら走ることはケガのもとになります。
荷物はできるだけ少ない状態でランニングに臨みましょう。

小さいウェストポーチがおススメという情報もありますが腰での位置がずれて気になったりポーチの重みで姿勢に無理がきてしまうこともあります。
初めての人にはトップスにポケットファスナーがあるランニングウェアがおススメです。
小銭や鍵などの貴重品を気にすることなく快適に走ることができます。

こだわりすぎないことも大切

オススメを記載させていただきましたが、こだわり過ぎないことも大切です。
冒頭でも述べましたが以前はタンクトップに薄手の短パンで、靴も普段履くスニーカーで気軽に走る事ができたこともランニングの良さであると思います。
ランニングは楽しみ方によっても合うウェアも変わってくるもので、走る時間や場所、距離、体調など、その時に合うものを見つけていくことも楽しみにしていただくと良いのではないでしょうか。
まずは気軽に始めてみて、ご自分なりのランニングスタイルで楽しんで下さい。

[PR] 首・肩・腰徹底リセット!

PAGE TOP