ココロとカラダのライフバランス情報サロン

肌のくすみ予防で、いつまでも若くてキレイに!

美容投稿日:2015.09.24

肌のくすみ予防で、いつまでも若くてキレイに!

  • mailでシェア

「実年齢より老けて見える」「メイクの乗りが悪い」「シワ・シミが目立つ」「顔が暗く見える」

最近こんなこと言われることが増えてきた方は要注意です!もしかしたらくすみが原因かもしれません。
このくすみを理解し、普段から予防していくことが若々しさを保つ秘訣です!

毎日の生活のコレがくすみの要因だった・・・。

肌の透明感やツヤが感じられない状態のことをくすみと呼びますが、要因は一つではありません。

乾燥や紫外線、摩擦、汚れ(皮脂やファンデーションによるもの)など外部から受ける影響によって起こってしまうくすみや、血行不良などによって青くくすんでしまうパターン、体内で糖質とタンパク質が結びついて黄色く(褐色)くすむ、老化など体内から影響し起こってしまうくすみなど複数の要因があります。

生活習慣を思い浮かべて、それを改善することがくすみ予防には最も近道となります。

例えば、疲れて化粧を落とさないで寝てしまう日が増えてから老けて見られる事が多くなった、炭水化物や糖質を多く摂り過ぎはじめた時期から黄色くくすんできているなど、思い当たる生活習慣はないでしょうか。複数の要因が影響している場合もありますので、まずは最も当てはまるものから対策していきましょう。

まずはコレから始める予防法

色々ありすぎて何から始めればいいかわからない・・・。
そんな方はまずは次の3点からくすみ対策を始めてみてください。

肌に負担をかけない(紫外線・摩擦・乾燥対策)

紫外線や強い摩擦などの影響でくすんでしまうことがあります。
これはメラノサイトと言われる色素細胞が、刺激を受けることによってメラニンを生成します。生成されたメラニンは通常ターンオーバーによって排出されるのですが、大量に刺激をうけることによって排出されずに残ってしまうことが原因と言われています。このメラニンの発生を出来るだけ避けるように摩擦や紫外線、乾燥などを予防すること重要です。

一日の汚れをしっかりと落とす

古い汚れが毛穴に残り、酸化して黒く目立ってくると、顔全体が黒ずんだ印象になってしまいます。
一日の汚れをしっかりと落とすことがもくすみ予防では大切です。まずはクレンジングして顔の化粧をしっかりと取ってから洗顔するようにして下さい。洗顔中は、洗顔料を泡立てて肌を擦らずに汚れを落とすように気をつけていただくと、肌を痛めること無く汚れを落とすことができます。

血行を良くする

血行が悪くなることで、「ターンオーバーが乱れてしまう」こと、もう一つ「血色が悪くなってしまう」ことでくすみに影響します。

“ターンオーバー”は、血行不良によって必要な栄養素や酸素が足りなくなると、適切な肌細胞の入れ替わる期間より遅れてしまうことがあります。すると、肌はくすみやすくなってしまうのです。

また、 “血色” は、血中の酸素が多いと鮮やかな赤になり、少ないと濁ったような色合いになります。血行が悪くなり酸素が少なくなるとその血行の色が肌の色味へ影響することでくすんでしまうと言われています。

これらの対策として、運動や半身浴などでカラダを温めることがオススメです。

冬が旬の根菜類を食べよう

仕事、子育て、家事、趣味の時間。どれも楽しみたいのに、全てに注意して暮らすのは難しい・・・。

そこで、くすみを予防する上で大切な「カラダを温めること」に注目して、無理せず日々続けられるくすみ予防法をご紹介します。普段から何気なくとっている食事の際に、カラダを温める効果のある食物を取るように意識してみてください。

カブ、ごぼう、人参、蓮根、しょうがなど冬に旬を迎える根菜類にはカラダを温める効果があり、体液の循環を高めてくれる食事を取ることでくすみ予防に期待できるとも言えます。普段のランチの際や、外食の際に冬が旬を迎える根菜類が入った食事を選ぶようにするだけで、くすみ予防に一歩前進!

時間にゆとりがあるときは、根菜類をスープなどにしていただけると、さらにカラダを温めてより一層期待できますので、ぜひ試してみてください!

[PR] 首・肩・腰徹底リセット!

PAGE TOP