ココロとカラダのライフバランス情報サロン

子供の喉の痛みに!おススメな飲み物

フード投稿日:2015.12.11

子供の喉の痛みに!おススメな飲み物

  • mailでシェア

寒い時期になると朝起きたら「喉がおかしい・・・」と感じる方が増えてきます。
しかし子供の場合は体力的にも弱いため、時期に関係なく咳が出たり、
食欲がなくて小児科に掛かったら実は咽頭炎だった、というケースが少なくありません。
咽頭炎や高熱などの場合、病院に掛かり薬を処方してもらうだけでなく自宅での水分補給や栄養補給が大人よりも
重要になってきます。また、乳幼児の月齢によってはうがいができないこともありますよね。

そこで乳幼児や子供にやさしい喉の痛みを和らげる飲み物をみていきましょう。

喉の痛みの症状を和らげる条件と子供にNGな条件

喉の痛みの原因は風邪やインフルエンザ(子供の場合は口内炎や溶連菌感染症なども)などのウイルスによる炎症、喉の酷使による炎症、ストレスによる違和感、癌などの病気、そしてお酒やたばこによる炎症などがあります。

ストレスや癌などを除いたこれらの原因によって、のどにある線毛の細胞が破壊され、咽頭が刺激を受けることで痛みを感じるようになっています。
従ってこの痛みを和らげるには

  • 喉を刺激しない(冷たくない・熱すぎないなど)
  • 菌が付着しにくい(殺菌・抗菌)環境を作る
  • 自己治癒力を促す(保温・保湿など)

条件が挙げられます。

基本的に乳幼児の喉の痛みへの対処法も同じですが子供ののどは大人よりもデリケート。味にも敏感ですよね。より飲みやすいものを適温で選んであげましょう。
妊婦の方は摂取しても問題ありませんが、1歳未満の赤ちゃんの場合は、はちみつを食べることはできません。気を付けてくださいね。

これなら子供も喜ぶ!喉の痛みを和らげる飲み物3選

喉にいい飲み物や食べ物と言えば、上述したはちみつ。実はマヌカハニーなど医療分野でも使われるほどの抗菌力、そして栄養があります。また、辛み成分(アリルイソチオシアネート)の高い抗菌力を誇る大根、同じく辛味成分(ジンゲロール)による抗菌力と血流を調整することでカラダを温める(ショウガオール)で有名な生姜は代表格。
しかし、抗菌をうたわれる玉ねぎやビタミンCを多く含むレモンにしても子供が口にするには正直口当たりがいいとは言えませんよね。
そこで子供でも比較的口にしやすい飲み物をご紹介します。

その1!黒糖+お湯

黒糖は抗菌の働きもあるポリフェノールやミネラル、ビタミンB群が含まれています。
特にB群に入るナイアシンは粘膜の炎症を和らげる働きがあり痛みを和らげてくれるのです。ミネラルは体調不良のカラダの調子を整えるのに大変役立ちます。
お湯で溶いて、適温にしてから含ませましょう。天然の優しい甘みが子供にも優しい味ですよね。

その2!ビタミンCフルーツ+ぬるま湯

皮膚、血管、骨など体内の結合に関わるコラーゲンの生成に不可欠なビタミンCは免疫力を高める強い力を持っています。
このビタミンCが多く含まれるいちご、キウイ、みかんなどを潰した顆粒や果汁をぬるま湯で飲む方法です。
ビタミンCを壊さず、喉の保湿を促すにはぬるま湯が最適。果汁の香りとほんのりした自然な甘さで子供にも嬉しい飲み物です。

その3!れんこん+塩スープ

蓮根に含まれるタンニンはお茶にも含まれているカテキン類の総称。血圧を下げる力もあるタンニンは抗菌作用も有名ですよね。さらに特筆すべきは風邪の時に頼りたいビタミンC、ビタミンB群とミネラル含有量が非常に多い点です。
蓮根をすりおろして塩を加えた簡単スープで喉とカラダを温めましょう。
塩は漬物や保存食でも使用される殺菌作用、さらにはミネラルの補給と浸透圧による体内の水分調整、神経伝達に欠かせません。温かいのみものにちょっと加えると効果的です。

喉の痛みがでる前に予防を!うがいは出がらしの緑茶がおススメ

もちろん喉が痛くならないように、適材適所でうがい・手洗い・マスクは活用しましょう。

抗菌作用のある緑茶ポリフェノールを含む緑茶の出がらしでのうがいは炎症も抑えることができておススメです。
うがいができないお子さんには「喉をうるおす・加湿する」という意味合いで、湿度の低くなる冬は喉にいい飲み物を。
部屋の空気を入れ替えてから加湿することも忘れないでくださいね。

無理をしないで快適な喉環境を作っていきましょう!

[PR] カラダサマがわり!整えサマーキャンペーン

PAGE TOP