ココロとカラダのライフバランス情報サロン

ママも子供もhappyに♪働くママのお悩みを軽くする思考法

ライフ投稿日:2016.01.08

ママも子供もhappyに♪働くママのお悩みを軽くする思考法

  • mailでシェア

自分だけじゃない!お悩みを抱えるワーキングマザーはとても多いんです

ひと昔前は子供がいる女性は家庭に入るのが当たり前でしたが、今は働きながら子育てするのも当たり前になりつつあります。しかしそれに伴って、ママたちのお悩みも増えていることもまた事実です。「仕事に集中できない」「子供と一緒に過ごす時間が少ない」「仕事も子育ても中途半端になってしまう」などなど。独身時代とはまた違ったお悩みがあるでしょう。

現代のワーキングマザーの悩みとは?

一番の問題は「仕事、育児、家事と忙しすぎて睡眠時間が確保できない」という事だそうです。
出典:http://report.ajinomoto-kenko.com/suimin/workingmother.html
※2014年3月「味の素株式会社調べ」

出産前後の産休・育児休職の休みを経て、「仕事がしたい!」という気持ちで職場復帰したものの、子供の朝食作り、保育園の送迎、育児などが有る中でどうしても、睡眠不足となってしまうようです。
結果、ビジネスの重要な場面でも睡魔が襲ってきて、本来のパフォーマンスが出せない事があり、更に上司が男性だった場合は、その理解が得にくいという事も大きなストレスとなっていると言われています。

でも、そんなお悩みを抱えているのはあなただけではありません。不況の影響もあり、5年前と比べて20~30代前半の母親の就業率は増加しています。それだけ仲間が多いということですので、まずはその点を心に留めておきましょう。そしてちょっとだけ考え方を変えてみてくださいね。

思考法1:今の経験は必ず将来のためになる!

ワーキングマザーは時短勤務を選択している人がほとんど。産休で現場から離れていた後に復帰しても全力で仕事に臨むこともできず、現場との温度差に悩んでしまうことも多いでしょう。同期が昇進したり、後輩に追い抜かれたりとキャリアダウンを実感するかもしれません。
しかし子供はいずれ成長して手がかからなくなり、仕事に費やせる時間はまた確保できます。一時的な遅れはいくらでも取り戻せます。むしろ「時間の制約」という経験を積んでいるあなたは他の人よりも時間の使い方がうまくなっているでしょう。
またワーキングマザーは今後も増えると予想されています。「思い通りに仕事ができない悔しさ」を経験しているあなたは、将来同じような悩みを抱える人の気持ちや立場をわかってあげられるような管理職となるでしょう。

思考法2:コスパの悪さも忙しさも「今だけ」と割り切る!

保育料や子供の衣服など、育児にはお金がかかるものです。時短勤務で収入は低くなってしまったのに、支出ばかり多くなってやるせない気持ちになる方も多いでしょう。また仕事・家事・育児をこなさなければならない忙しさに、心が参ってしまうかもしれません。
しかし、この辛さは「今だけ」です。子供の成長に伴って、かかるコストも下がっていくもの。またその頃にはフルタイムで働けるようになり、また収入も上がっていきます。今は貯金をする余裕も遊ぶ余裕もなくて辛いかもしれませんが、これもほんの数年の話。先を見据えて辛い時期を乗り越えましょう。

思考法3:辛い時は思考をシャットダウン!

どうしても心が前向きにならずに辛いなら、もう考えるのをやめてしまいましょう。なぜなら考え続けたところで、答えなんて出ないからです。思い切って仕事を辞めてしまえばラクになるかというと、そうでもありません。収入が下がったりキャリアがストップしたりして、結局悩むことになるでしょう。もちろん子育てを放棄することだって不可能です。
だったら、もう考えるのをやめて目の前のことをひとつずつ片付けていった方が得策です。働き方に無理があるなら、パートナーや職場に相談するのもひとつの手。一人で考え込まず、周りの人に相談してみましょう。

[PR]

PAGE TOP