ココロとカラダのライフバランス情報サロン

材料はたったの2つ!簡単酵素シロップの作り方

ヘルスケア投稿日:2016.01.11

材料はたったの2つ!簡単酵素シロップの作り方

  • mailでシェア

出典:http://www.tbs.co.jp/k-reshipi/archives/cook/51.html

プチ断食の強い味方!酵素ドリンクとは?

「ダイエットには酵素が良い」と聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。酵素は食べ物の消化や吸収に欠かせない栄養素。しかし体内で作られる酵素の量は年齢と共に減少してしまうため、年を取ると代謝が落ちて太りやすくなるのです。その分うまく摂取できれば、代謝をアップして痩せやすい体を作ることができるでしょう。
酵素ドリンクとは、生の野菜や果物などに含まれる酵素を凝縮した飲み物のことです。特にファスティング(プチ断食)と呼ばれるダイエット・健康法に酵素ドリンクは活躍してくれます。ただ食事を抜くだけでは、栄養不足に陥って健康を崩してしまいかねません。リバウンドを招くこともあるでしょう。酵素ドリンクを飲むことで、栄養をしっかりと補給することに加えて代謝を上げることもできます。また空腹感が満たされるため、無理なくプチ断食を行うことができるでしょう。
ちなみに、酵素ドリンクの代わりに野菜ジュースを飲むという女性もいますが、実は全くの別物です。
野菜ジュースはジューサーで絞り出したり、ミキサーで砕く為、植物や果物の細胞壁が壊れ、一緒にビタミンCなど栄養素も壊れてしまうといわれています。また、生産の段階で熟成・発酵という過程が無いため、酵素もそこまで含まれていませんので、断食の際には酵素ドリンクを活用しましょう。

健康面でのメリット

酵素は体の中で不足がちになると、血液がドロドロになり、それにより肌に水分・栄養素が行き届かなってしまいます。
酵素ドリンクで効率的に酵素を体内に取り込み、体質改善すれば、血液が正常化し、美肌効果が期待できます。

また、酵素の中の酵母菌は腸内環境を良化させる働きもあります。
暴飲暴食などで乱れた腸内の老廃物や毒素を酵母菌の力でデトックスさせてあげれば、健康的な身体を維持することも出来るのです。

自分で作れちゃう!超カンタン酵素シロップのレシピ

酵素ドリンクというと、ダイエット商品として市販されている物のイメージが強いかもしれませんね。でも実は、ジューサーなどを使わずに自分で簡単に酵素シロップを手作りできちゃうんです。
しかも材料は「リンゴ」「白砂糖」の2つだけでとっても簡単。では、そのレシピをご紹介しましょう!

1.まずはリンゴ500g、白砂糖550gを用意しましょう。リンゴは皮を剥かずに5mmほどの厚さでイチョウ切りにしておきます。
2.煮沸消毒した口の広い瓶を用意し、その1/4になるようリンゴを入れます。その上から同じ量の白砂糖を入れて、よく混ぜてください。瓶の1/2になるはずです。
3.その上から同じ要領で、もう一度同じことを行います。瓶が満タンになるはずです。最後に残った白砂糖でリンゴを覆ってください。
4.約10日間発酵させます。直射日光を避け、20~25℃の場所に保管してください。1日1~2回、洗った手でそっとかき混ぜましょう。
5.混ぜる時に細かな泡が立つようになったら完成です。ザルなどを使ってリンゴの実とシロップを分け、シロップだけを清潔な瓶に移し替えましょう。
6.飲む時は、酵素シロップを水や炭酸水で4~5倍に割ってください。シロップは冷蔵庫に入れておけば1~2ヶ月は保存できます。

アレンジで自分だけの酵素ドリンクを作ろう!

生の果物の酵素を凝縮することが目的なので、レモンやみかん、キャベツなどリンゴ以外の他の果物や野菜でも酵素シロップを作ることができます。1種類でなくいくつか組み合わせてみるのも良いですね。好みのレシピを見つけてみましょう。
また、手作りのポイントはかき混ぜるときの自分の手の菌の力です。これもまた自分オリジナルのシロップを育てる醍醐味と言えるでしょう。

[PR] シェイプキャンペーン!

PAGE TOP