ココロとカラダのライフバランス情報サロン

【イベントレポート】頑張っているあなたにぽっかぽかとゆったりを。 ~温活とお茶の入れ方講座パティシエ特製ケーキ付!~

イベント/サークル投稿日:2016.02.19

【イベントレポート】頑張っているあなたにぽっかぽかとゆったりを。 ~温活とお茶の入れ方講座パティシエ特製ケーキ付!~

  • mailでシェア

【温活】で身体の中から温めよう!

2月18日にカラダmagイベント「頑張っているあなたにぽっかぽかとゆったりを。 ~温活とお茶の入れ方講座パティシエ特製ケーキ付!~」が、ルピシア 自由が丘本店で開催されました。

今回のテーマが温活ということで、まずはカラダボディマジックの堤由輔先生に温活をする意味と身体に作用する効果についてご教授いただきました。温活をして身体を温めることで、身体の中では様々な効果が現れます。特に体温が1℃上がると免疫力にいたっては500~600%も上昇するそうです。逆に体温が下がると免疫力が低下し、病気になりやすい、身体に入ってきたウイルス、細菌から身を守れなくなってしまうそうです。

またトレーナーでもある堤先生から椅子に座ったままでも簡単にできる、血行をよくし、身体を温めるストレッチを学びました。 ここでその方法を簡単にご紹介します。

  1.  両手を伸ばしたまま前でクロスさせ、肩を10回大きく円を描くように回す。さらに逆回転で10回回す。こうすることにより、肩甲骨周りが刺激されその周辺の血流がよくなり、身体が温まりやすくなる。
  2. 両足を地面に付けた状態で、両足のつま先と踵を交互に上に浮かせる。こうすることにより、第2の心臓とも呼ばれるふくらはぎを刺激し血流をよくし、足の先まで血液を送り末端の冷えが改善される。

自分にあったお茶とおいしいお茶の淹れ方

次にルピシアティースクールの講師の方にお茶の作用と淹れ方をご教授いただきました。今回は4種類のお茶をご用意いただきました。
温活1

Aは目覚めのよくない方に、抹茶入りの緑茶。
Bは身体の冷えが気になる方に、シナモンやジンジャーのきいたルイボスティー。
Cは肌荒れが気になる方に、ローズヒップ、ハイビスカス等の7種のハーブティー。
Dは食事の量が多く、脂っこいものが好きな方に、烏龍茶とプーアル茶のブレンド茶。
それぞれ4種のお茶を飲み比べ、自分に合ったお茶を探しました。

次においしいお茶をさらに美味しくする、お茶の淹れ方を学びました。 主な注意点は

  1. お茶を淹れる前にお湯で茶器を温めること。
  2.  茶葉、お湯の量をしっかり量ること。
  3.  蒸らし時間もきっちり計り、味見もすること。以上の3点です。

最後にこちらのティースクールでブレンドしたアフタヌーンティーと店内のパティスリーで作ったスイーツを、参加者の皆さんと一緒にいただきました。お店では400種類以上ものお茶を取り扱っており、種類の多さに驚きました。皆さんもお茶とストレッチで身体を内側と外側の、両方から温活してみてはいかがですか?温活2

講師の紹介

8

◆ストレッチ講師/ 堤 由輔 (つつみ ゆうすけ)
パーソナルトレーナー/整体師/日本体育協会公認アスレティックトレーナー 海外・国内に整体・骨盤矯正サロン「カラダファクトリー」、ストレッチ整体サロン「カラダストレッチ」を 中心に240店舗以上展開するファクトリージャパングループにおいてパーソナルトレーニングジム 「カラダボディマジック」を監修する統括マネージャー。 2012年よりビーチバレー西村晃一選手の専属トレーナーとして活動。 日本体育協会公認アスレティックトレーナーの資格を持つ。

PAGE TOP