ココロとカラダのライフバランス情報サロン

産後の正しい骨盤矯正方法!

ヘルスケア投稿日:2016.03.11

産後の正しい骨盤矯正方法!

  • mailでシェア

産後は骨盤が歪んでしまう?

出産してから、体型の崩れが気になったり、増えてしまった体重がなかなか減らなかったりして悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
実は、この悩みの大きな原因のひとつといわれているのが、骨盤の歪みです。出産をすると、骨盤は損傷を受け大きく歪んでしまいます。
骨盤を歪んだままにしておくと、体型の崩れのみならず、肩こりや腰痛、恥骨の痛みまで引き起こします。さらには、不妊などの原因になってしまうことも。
また、産後に股関節の痛みを感じる場合も骨盤の歪みが原因と言えます。それは、骨盤付近の筋肉を緩めるリラキシンというホルモンが分泌されることで、骨盤が不安定になっているからです。
そして、尿漏れにも骨盤が関わっています。それは、出産時に骨盤底筋という筋肉に大きな負担がかかり、筋肉疲労を起こして緩んでしまっているからです。1~2ヶ月で自然と治まることがほとんどなので、その間はお腹を締め付けるようなことは避けてくださいね。

歪んでしまった骨盤を正しくケアするために、産後の正しい骨盤矯正方法を紹介します!ぜひ参考にしてくださいね。

骨盤矯正に適した時期

産後の体はとてもデリケート。出産後すぐに骨盤矯正を始めるのは、かえって体に負担をかけてしまいます。産後1ヶ月は体を労わりましょう。
骨盤矯正を始めるのは産後2ヶ月から。産後の骨盤矯正は、産後2ヶ月から6ヶ月の間に行うのが最も効果的だといわれています。
出産時に大きく開き歪んだ骨盤は、その後3~4ヶ月をかけて少しずつ元の状態へと戻ります。しかし、妊娠前から骨盤に歪みがある場合や、妊娠中に体のバランスが崩れてしまった場合は、骨盤は正しい位置には戻りにくいのです。
開いた骨盤が元の位置まで閉じる間は、靭帯が柔らかく緩んでグラグラの状態。この時期こそが、骨盤を正しい位置に戻すチャンスなのです。骨盤が本来の位置に戻れば、出産前よりも健康で美しくなることだって可能かもしれませんよ。

骨盤矯正の方法

骨盤矯正には、いくつかの方法があります。自分にあった方法を選んで実践してみるといいですね。

1.骨盤矯正エクササイズ
家事の合間などに、自宅で簡単にできるエクササイズです。骨盤を意識的に回す「骨盤まわし」や、座った状態で骨盤を使って歩く「骨盤ウォーク」、仰向けになって骨盤を突き出すようにポーズをキープする「骨盤突き出し」など、できるところから始めてみましょう。ただし、効果を感じられるのは6ヶ月続けたころから。飽きやすい方には難しいかもしれません……

2.整体サロンに通う
産後の体はとてもデリケート。子供を抱っこしたり、かがむ時に無理な姿勢をとったり、ということの小さな積み重ねが、腰に大きな負担をかけてしまっています。骨盤も不安定なため、間違った方法でケアを行うと、骨盤の歪みを悪化させてしまう恐れがあります。ここはひとつ、プロの手を借りるのはいかがでしょうか?

整体院は、骨や関節の歪みやズレにアプローチします。リンパ液や血液の流れを改善することで、体全体のバランスを整えます。さらに、骨盤を正しい位置に戻すことで周辺の筋肉を正しく使えるようになり、腰回りがすっきりするでしょう。
その他にも、ヨガやピラティス、骨盤サポーターやガードルなども骨盤矯正に効果があるといわれています。自分にあった方法を探してみてくださいね。

[PR] 首・肩・腰徹底リセット!

PAGE TOP