ココロとカラダのライフバランス情報サロン

家事をしながら!ドローインダイエットでほっそりウエストをget♪

ヘルスケア投稿日:2016.03.14

家事をしながら!ドローインダイエットでほっそりウエストをget♪

  • mailでシェア

出典:http://by-s.me/article/38890707163746235

飽きずに続く簡単ダイエット

水着やスーツを着るとどうしても目につくポッコリお腹。お腹を引き締めるために筋トレを始めても、毎日続けて行うのはなかなか大変です。つらくて嫌になってしまったり、時間が確保できなかったりといった理由で、目標が達成できないまま三日坊主で終えてしまった経験のある方は、たくさんいるのではないでしょうか。

ドローインダイエットは、お腹をへこませることでインナーマッスルを鍛えるダイエット方法です。
腹直筋や内腹斜筋といった筋肉を全体的に鍛える腹筋運動とは違い、腹筋群の中でも、主に”腹横筋(ふくおうきん)”に焦点を当て集中して鍛えようというエクササイズで、簡単に続けられて効果も高いダイエットとして人気があります。
ダイエットのために、ウォーキングなどの有酸素運動や食事制限をしている方も多いと思いますが、それだけでお腹痩せをすることは難しいのです。
特別な器具も必要なく、場所も時間も選ばないので、家事の合間や通勤中などのちょっとした時間を利用して行うことができ、思いついた時に始められるため、無理せず継続できるのです。

ドローインダイエットのやり方

ただお腹をへこませるよりも、手順を守ってドローインを行うことでより効果的にインナーマッスルにはたらきかけることができます。
お腹をへこませる時に、腹式呼吸ではなく胸式呼吸をすることで、筋肉を鍛えるだけでなく、自律神経の交感神経を活性化する効果があります。交感神経を活性化することにより活力が高まり、基礎代謝もアップします。続けるうちに自然にできるようになってくるので、最初は手順を確認しながらゆっくりと行いましょう。

  1. 背筋をまっすぐにして胸を張り、息を一杯に吸い込みます。お腹がふくらまないよう気をつけてください。
  1. さらにお腹をへこませるようにしながら、お腹からゆっくりと息を吐き出しましょう。おへその下あたりにある「丹田」という部位を意識することでより効果が高まります。
  1. 息を吐ききったら、お腹をへこませたまま15秒ほど浅く長い呼吸をつづけてください。慣れてきたら時間を延ばしていきましょう。

1日に2回以上、それぞれ30秒ほど続けて行うのが理想です。姿勢は立っていても座っていてもかまいません。料理中や洗濯物をたたんでいる最中など、日常生活の同じ姿勢を続ける時間に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ドローインダイエットの効果

1.ウエストをひきしめる
お腹をへこませることによって、腹横筋や腹斜筋などお腹まわりのインナーマッスルが鍛えられます。腹横筋は内臓の位置を正しい場所に保つ役割がある筋肉です。ここを鍛えることで、下がってしまった内臓を正しい位置に戻し、美しいくびれをつくることができます。

2.ダイエット効果
お腹周りがすっきりするだけでなく、筋肉量を増やすことで代謝のよい体がつくられ、溜まってしまった脂肪も燃焼されやすくなります。

3.腰痛の改善
腹横筋はお腹の内臓を覆うコルセットのような役割をしていますが、ここが安定すると体の軸も安定し、背中や腰にかかる負担が軽減されるため、腰痛改善に効果が期待できるのです。また、椎間板ヘルニアの予防や姿勢の改善にも有効です。

[PR] 首・肩・腰徹底リセット!

PAGE TOP