ココロとカラダのライフバランス情報サロン

手抜きしたっていいんです!これで家事が楽になる!

ライフ投稿日:2016.03.31

手抜きしたっていいんです!これで家事が楽になる!

  • mailでシェア

家事はもっと簡単にできる!

仕事に育児、さらに家事まで、毎日こなさなければならないのは大変な重労働ですよね。すべてを完璧にこなそうとすると疲れてしまいますし、それでは長続きしません。夫が、「仕事が忙しいから」と家事も育児も手伝ってくれない。専業主婦だから、家事も育児もすべてやるのが当たり前という雰囲気になってしまっている・・・。など、家事と育児や仕事の両立に悩み、ストレスを抱えている女性も多いのではないでしょうか?しかし実は、何もかもに全力で取り組む必要はないのです。

特に家事には頑張らなくてもいいポイントがたくさん隠れています。確かに凝った料理を作ったり、家の隅々までぴかぴかに掃除したり…と凝りだすときりがないのも事実ですが、普通の生活を送るだけなら、効率を重視した時短テクニックを駆使し、要領よく終わらせてしまうことも十分可能です。ここでは忙しい女性のための家事の手抜きポイントをご紹介します。

洗濯の手抜きポイント

洗う作業は洗濯機がやってくれるとはいえ、取り込んで、干して、たたんでしまって…と何かと時間をとられてしまう洗濯。一気に片付けるのが難しいので、すき間の時間を上手に活用しましょう。洗濯機はタイマーをセットしておき、夜のうちに回してくのがおすすめ。お風呂の残り湯を使えば水道代の節約にもなってお得です。

また、干す時や取り込む時は、次の工程を考えながら作業をすることで効率化を図りましょう。しまう場所が近いものを順番に並べて干しておくと、その後の作業が楽になります。たたんで衣装ケースへしまう手間を省くため、取り込んだらすぐにその場でたたみながら洗濯かごへ入れてしまうとさらに時間が短縮できます。
シャツなどの汗ジミがつきやすいものには、着る前に襟元にベビーパウダーを塗っておくとよいでしょう。こうすることで、汚れがつきにくく落ちやすくなるので、洗濯機を回す前の一手間が省けます。
バスタオルなどの大物を干す時は、あえて裾を揃えず、ずらして干しましょう。裾を揃えた時より、乾くまでの時間が短縮されます。

Tシャツやワイシャツは、ハンガーに掛けたままクローゼットなどへ収納してしまいましょう。たたむ手間もなく、たたみじわもつかないので、一石二鳥です。

掃除の手抜きポイント

ゴミを食べてしまう危険があるほど小さな赤ちゃんがいる場合を除き、毎日の掃除機がけは必要ありません。週に1~2回、曜日を決めて床掃除をし、ほかの日は汚れやすい場所だけでも十分清潔な家を保てます。どうしても気になる方はお掃除ロボットを導入するのも手です。
トイレやキッチンなどの水回りは、便利なお掃除グッズを活用しましょう。汚れ防止効果のある洗剤も売られているので、そうしたものを利用すれば頻度も少なくて済みます。シンクの三角コーナーを半分に切ったペットボトルにするなど、使い捨てができるものを利用することでも、洗う手間を省くことが可能です。

料理の手抜きポイント

手抜き料理は電子レンジを活用しましょう。鍋やフライパンを使う料理は火元を離れられませんが、レンジなら温めている間に他の作業を進められます。さらに洗い物も少なくて済むのでとても便利です。
たとえば、エリンギやベーコン、にんにくを切って、パスタ1人前と水1カップと一緒にレンジで温め、最後にしょう油をかけるだけで簡単にパスタが作れます。ほかにも手抜きとは思えない美味しいレシピがたくさんあるので、気に入るものを研究してみてくださいね。

[PR] シェイプキャンペーン!

PAGE TOP