ニュース

カ・ラ・ダ ファクトリー 20周年記念CM 公開中! 整体師たちの「手」にフォーカスした、CM撮影の舞台裏の様子をご紹介

今年、創業20周年を迎えるカラダファクトリーでは、佐々木希さんを起用した「カラダファクトリー20周年記念CM」を放映開始いたしました!

今回のCMでお伝えしたいポイントや、メイキングのエピソードなどを紹介させていただきます。メイキング動画もご覧いただけます。

カラダと向き合ってきた整体師の「手」に注目

CMストーリー

カメラを手にした佐々木希さんが見つめる先には、お客様を施術している整体師の姿。
20年間、カラダと向き合い支えてきた整体師の「手」、そこには様々なストーリーがありますが、今回のCMでは3つのキーワードでお伝えしています。
カラダファクトリーの整体師が真剣に施術する姿と、そこに込めたお客様への想いが伝わる内容となっています。

メイキングエピソード

CMの撮影は都内某所のスタジオで行われました。
日当たりの良い温かみのある雰囲気のなかで、カラダファクトリーの現役整体師の「手」を、佐々木さんが撮るというシーン。
カメラのシャッター音が響く、緊張感のあるシーンでしたが、撮影が開始されると和やかな雰囲気に。

撮影中、佐々木さんと共演した澤野さんがカラダメンテナンス方法について会話している様子も印象的でした。カラダファクトリーのお店以外でも、カラダの悩みに対して真剣にアドバイスをしています。

佐々木さんに撮影の感想などをインタビューさせていただきました。
今回のCMで「自分、カラダメンテナンス」というカラダファクトリーが掲げるメッセージがあるのですが、それにちなんで健康面で気を付けていることや、20年間カラダと向き合ってきたカラダファクトリーのように、佐々木さんが小さいころからずっと向き合い続けていることなどを聞いています。
最後には佐々木さんからCMをご覧になっている視聴者の皆様にメッセージもいただきました!

今回出演したスタッフ3名にも、CM撮影に参加した感想を聞きました。

瀬戸さん : CM撮影という普段ではなかなか経験できないことに、今回参加させていただきありがとうございました。緊張しましたがとても新鮮な経験ができました。

中村さん : 今回、貴重な体験ができました。CM撮影の現場はもちろん初めてでしたので緊張しましたが、制作の裏側を見ることができてよかったです。関係者の皆様ありがとうございました。

澤野さん : 世の中に流れるCMなので、会社を背負っているという責任感で最初は緊張しましたが、佐々木希さんや現場のスタッフの皆さんも優しく迎えてくださったので、気持ちよく参加できました。いい経験させていだきました。
より一層仕事に覚悟を持って取り組んでいこうと思いました。

今回のCMは、カラダファクトリーの20周年という記念の年にぴったりの素敵な作品に仕上がっていますので、是非CM本編もご覧ください。
これからもKA・RA・DA magではお客様のカラダに寄り添う素晴らしい整体師の皆さんを追いかけていきたいと思います。

「カ・ラ・ダ ファクトリー20周年記CM」本編はコチラ
https://youtu.be/tgogkyrwTq4

澤野 貢

FJGスポーツトレーナー
2011年入社。カラダファクトリー小田原店を経て、カラダファクトリー川口店副店長。2019年から東京ヴェルディビーチサッカーチームに帯同。
※こちらの記事にも登場しています

https://karadamag.com/article/173

瀬戸 麻綸

FJG人事部採用担当
2014年入社。カラダファクトリー飯田橋店に配属。その後、同店店長を務め、2020年よりファクトリージャパングループ人事部で採用を担当

中村 明弘

FJGサロン本部シニアマネージャー
2010年入社。カラダファクトリーさいか屋川崎店に配属後、カラダファクトリー武蔵小杉店など複数店舗の店長を歴任。2021年よりサロン本部シニアマネージャーとして活躍中。

シェアしよう!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。